かぼちゃの選び方

かぼちゃは収穫してすぐ食べるより、少し保存していた方が甘みを増す野菜です。時間を置いたものかどうか見分けるのがポイントです。

かぼちゃを丸ごと買う場合は、表皮の一部が黄色く赤みの濃い物を選ぶのがおすすめ。赤みが濃ければ濃いほど、甘みが強いとされています。また、成熟して甘みが強くなると皮が黒くなるので見分けるポイントにしてくださいね。

カットかぼちゃの場合は、オレンジ色のものを選びましょう。濃い色のかぼちゃの方がより甘く濃厚です。種がふっくらとしているものは、熟しているサイン。見落とさないでくださいね。

ダイエット向けの食べ方

蒸し料理

ほくほくした食感にやさしい甘さのかぼちゃは、ボリューム感があり、ダイエット中でも満足できます。おすすめの調理法は蒸し料理です。蒸すとかぼちゃの甘みがより強くなりますよ。

蒸しかぼちゃは岩塩でシンプルに食べるほか、サラダ感覚でドレッシングをかけて食べるのもおすすめです。かぼちゃを蒸したら、小分けにして保存すると、食べ過ぎ対策になりますよ。

スープ

かぼちゃを裏ごしして牛乳や豆乳を加えると、甘くて滑らかなポタージュができあがりますよ。生クリームは高カロリーなので、なるべく使わないようにしましょう。

かぼちゃをカットして、いろんな野菜とコンソメスープを作ったり、味噌汁にすたりするのもおすすめです。味噌は塩分量が多いので、使い過ぎに気をつけてくださいね。(※1)

ダイエット中におすすめのかぼちゃレシピ5選

1. かぼちゃきんぴら

Photo by macaroni

かぼちゃを細長く切って作る、かぼちゃきんぴらのレシピです。使うのはかぼちゃのみですが、とてもボリュームがあるひと品なので、ダイエット中におすすめですよ。ホクホクとした食感と、素材そのままの甘みが楽しめます。仕上げにごまをふりかけて、いただきましょう。

2. かぼちゃときゅうりのヨーグルトサラダ

Photo by macaroni

ヨーグルトを加えてさっぱりと仕上げる、かぼちゃのサラダです。高カロリーなマヨネーズの使用量が控えめなレシピなので、ダイエット中に食べるサラダにぴったり。お好みでにんじんや玉ねぎを入れて作るのも良いですね。(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ