ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

かぼちゃの種類

日本かぼちゃ

黒緑のつやつやした表皮にくっきりとした溝が入った見た目も個性的な日本かぼちゃ、甘みは西洋かぼちゃに劣るのですが、水分量が多く煮崩れしないので煮物に最適です。 現在の主流は西洋かぼちゃになり、日本かぼちゃを見かけることは少なくなりました。日本かぼちゃの代表的なものには「小菊南瓜」「黒皮南瓜」「鹿ケ谷(ししがたに)南瓜」があります。

西洋かぼちゃ

スーパーで見かけるかぼちゃは、ほとんどが「西洋かぼちゃ」になります。ほくほくしていて甘みが強いかぼちゃです。普段のおかずからお菓子作りまで適しています。 代表的なものには、「黒皮栗かぼちゃ」「坊ちゃんかぼちゃ」「ロロンかぼちゃ」などがあります。

かぼちゃのカロリーと糖質

日本かぼちゃ100gのカロリーは、49kcalとなっています。糖質は8.1gです。西洋かぼちゃ100gのカロリーは、91kcalとなり、糖質は17.1gです。 甘みの強いかぼちゃは、高カロリーなイメージが先行しがちですが、実はカロリーが低いんですね。また、数ある野菜のなかでも炭水化物が比較的多い野菜なのですが、腹持ちもよく食物繊維もたっぷり含んでいます。(※1)

かぼちゃに含まれる栄養素

炭水化物

一般的に主流な西洋かぼちゃの炭水化物は、100gあたり20.6g。炭水化物を多く含む野菜の代表としても有名なじゃがいもは、100gあたり炭水化物量が17.3gとなり、比較してもかぼちゃのほうが多いことがわかります。(※1) 炭水化物は、 主に身体のエネルギー源となります。エネルギーが不足すると、集中力が欠けてしまう原因にもつながります。

ビタミンC

かぼちゃは女子にうれしいビタミンCがたっぷり含まれています。西洋かぼちゃで100gあたり43mgとなります。 ビタミンCは「コラーゲン」を作るのに必要不可欠な栄養素です。また、ほかにもビタミンE、カロテン、カルシウムなども含まれています。(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS