半熟とろり。「味卵」の基本の作り方&アレンジレシピ5選

ゆで卵をたれに浸け込んだ「味卵」は、おつまみやラーメンのトッピング、お弁当のおかずにも人気のメニュー。今回は甘辛醤油で半熟卵の基本レシピ、味付けいろいろのアレンジレシピ5選をご紹介します。作り方をマスターすれば、お役立ち間違いなしですよ♪

2019年2月28日 更新

3. たれに浸ける

ジッパー付き保存用密閉袋に卵を入れ、たれを注ぎ入れる

Photo by suncatch

ジッパー付き保存用密閉袋に卵を入れ、たれを注ぎ入れます。容器の中に袋を入れると安定するので、注ぎやすいですよ。
できるだけ袋の中の空気を抜いて密閉し、冷蔵庫で2~3時間置く

Photo by suncatch

できるだけ袋の中の空気を抜いて密閉し、冷蔵庫で2時間から3時間置きます。途中で数回、上下を返して、卵が均等に浸かるようにしましょう。
3時間たれに浸けた味卵

Photo by suncatch

白身がまんべんなく茶色に染まりました。
「味卵」の基本レシピ 完成品

Photo by suncatch

ぷりぷりの白身と半熟の黄身がとろける、味卵のできあがり。

作るときのコツ

冷たい卵(Lサイズ)を熱湯から7分ゆでると、写真のような半熟になります。時間を計って、お好みの固さにゆでましょう。ゆで卵は、産みたての新鮮な卵より、日にちが経った賞味期限前のものの方が、きれいで簡単にに殻がむけます。

味卵の保存方法と日持ち

味卵は、密閉容器やジッパー付き密閉袋に浸け汁ごと入れて冷蔵保存します。固ゆで7日から10日、半熟で3日から4日が日持ちの目安です。浸け汁は濃度の濃い方が、空気に触れる部分が少なくしっかりと浸かっている方が傷みにくく、お酢を少量加えるのもおすすめです。

お弁当のおかずにも便利な味卵ですが、必ず固ゆでのものにしましょう。常温で持ち歩くため、半熟卵は傷む・腐る危険があるため避けてください。

味付けいろいろ♪ 味卵のアレンジレシピ5選

1. 簡単♪ めんつゆ柚子胡椒の味卵

市販のめんつゆを使った簡単レシピです。チューブのゆす胡椒をプラスすることで、ピリッと味が締まり、風味豊かで大人好みの味に。もちろん、めんつゆだけでもおいしいのですが、いろんなチョイ足しでアレンジを楽しんでみては?
2 / 4

特集

SPECIAL CONTENTS