れんこんのヘルシーレシピ5選

1. ほっこり♪ れんこんのみそ汁

れんこんとにんじんの入ったベーシックなみそ汁。れんこんをうすくスライスすることで、加熱時間が短くてすむので、栄養素の流出が少なくてすみ、時短にもなって一石二鳥です♪ 汁ごといただくので、汁に流れ出た栄養素もとることができます!

2. シャキシャキ!れんこんサラダ

れんこんをうすくスライスしてシャキシャキに仕上げるサラダ。砂糖の代わりにコンデンスミルクを使っているんです♪そのため、こっくりとした旨さがあるサラダに仕上がっています。

3. ヘルシー!れんこんハンバーグ

鶏ひき肉とれんこんを使い、とてもヘルシーなハンバーグです。大根おろしでさっぱりといただけますね♪ れんこんはすりおろしと刻んだものを両方混ぜ込むので、もっちりとシャキシャキの2つの食感を楽しむことができます!

4. お弁当にも!れんこんのおからはさみ焼き

れんこんでおからや鶏ひき肉をサンド。蒸し焼きにするのでカロリーがおさえられますし、栄養素の流出も防げます♪ 甘辛味なのでごはんとの相性抜群!お弁当のおかずにもおすすめですよ。

5. 箸休めに!れんこんとひじきの煮物

にんじんが入り、彩りもきれいな煮物。加熱に時間がかからないので、簡単につくることができますよ!箸休めや、小鉢、お弁当のおかずにもぴったりのひと品ですね♪ ごはんに混ぜてもおいしそうです。

れんこんを上手に取り入れて!

れんこんのカロリー・糖質量は芋類よりも少なく、ほかの根菜よりも高くなっています。また、れんこんにはビタミンCやマンガンといったからだに嬉しい成分が含まれています♪ からだに嬉しい成分の損失を防ぐには、煮たりスープにしたりするのがおすすめです♪ダイエット中の方は食べ過ぎに注意しつつ、調理法を工夫して、ぜひれんこんのいろいろな食べ方にチャレンジしてみてくださいね!
【監修・文】管理栄養士:永吉峰子 大手小売業で商品開発を担当後、独立。「身近な管理栄養士」をテーマに、健康相談・レシピ開発・記事の執筆を行っています。
▼おすすめレシピはこちら!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ