7. トッピングで多彩な味わい。つくねの照り焼き

つくね焼きも居酒屋、特に焼鳥店では定番串焼きメニューのひとつですね。こちらのレシピでは、鶏ひき肉で作る肉団子に豆腐を加えるため、ふんわりした食感の仕上がりに。ベースになるつくねはフライパンでタレ焼きしますが、最後に串を打って、トッピングを変えることで味わいをアレンジできます。

8. 3種類のもつが日本酒に合う。鶏もつ煮

プリっとした食感の鶏ハツ(心臓)、こりこりした鶏砂肝、少し苦味のあるねっとりした鶏レバーの味わいを堪能できるレシピ。みりんと砂糖、酒をたっぷり加えた、甘めのしょうゆベースのタレが、鶏もつの味をおいしくまとめてくれます。日本酒だけでなく、赤ワインにも合いそうですね。

9. 卵焼きのように巻いて。キャベツ入りとん平焼き風

Photo by macaroni

大阪のお好み焼き店が発祥のとん平焼きは、薄い生地で巻いた豚肉を、さらに溶き卵で巻いたものです。いまでは全国に広がり、キャベツやねぎを入れたものが居酒屋メニューに。そんなとん平焼き風のひと品を、卵焼き器で作るアレンジレシピです。ビールにバッチリ合いますよ。

10. 粉吹きいもで作る。クリーミーポテトサラダ

Photo by macaroni

お店にもよりますが、ポテトサラダも意外と居酒屋メニューでよく見かけます。こちらはじゃがいもをマッシュせずに、粉吹きいものままで作るボリュームのあるサラダレシピ。ゆで卵もつぶさずに大きめのままなので、彩りよく食べごたえがあり、ビールのおつまみにもってこいです。

宅呑みに!副菜・さっぱり系のおつまみレシピ5選

11. 刻み野菜がたっぷり。山形のだしのせ冷や奴

山形県で古くから伝わる郷土料理、「山形のだし」を使用するレシピです。といっても特別なものではなく、夏野菜や香味野菜を細かく刻んで、だしの素としょうゆで和えるだけの簡単なひと品。ごはんのお供やそうめんの薬味のほか、冷や奴にかけるとおいしいおつまみになります。

12. ピリ辛で甘酸っぱい。さっぱりもやしのナムル風

いまやどちらの家庭でも作られるようになった、韓国料理のナムル。本来はごま油をベースに、塩やしょうゆで調味しますが、そこへ甘酢と輪切り唐辛子を加えます。ごま油の風味はそのままに、甘酸っぱさとピリ辛味がよいアクセントになるため、おつまみにもぴったりです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ