砂糖は使わない。手作り「発酵あんこ」のやさしい甘みにほっこり

砂糖を一切使わずに、麹の力で小豆を発酵させて作る「発酵あんこ」。発酵の力で小豆本来の甘みを引き出した、やさしい味わいが特徴のあんこです。近ごろ、料理好きの間で話題の進化系あんこなんですよ。お家で簡単に作れるレシピをご紹介します!

「発酵あんこ」が気になる!

発酵あんことバタートースト

Photo by macaroni

料理好きの間で、じわじわと知名度を上げている「発酵あんこ」。砂糖を一切使わずに、米麹の発酵力で小豆を甘く仕上げたあんこのことで、実際は「小豆麹」や「小豆甘酒」と呼ばれています。

小豆を発酵させるので、麹の酵素、乳酸菌、アミノ酸がたっぷり。むずかしい手順はなく、やわらかく煮た小豆に、米麹を加えて温めるだけなんですよ。

今回は、家庭でも簡単に作れるレシピをご紹介します!

作り方

さっそく、作ってみます!

材料

発酵あんこの材料

Photo by macaroni

・小豆……200〜250g
・米麹……200g
・水……適量
・塩(お好みで)……少々
※小豆の量が少ないほど、甘さひかえめになります。まずは200gから、お好みの甘さを調整してくださいね。塩を少し入れることにより、甘さが引き立ちます。

作り方

1. 小豆をサッと洗い、たっぷりの水と一緒に鍋に入れて火にかけます
ボウルのあずきを混ぜているところ

Photo by macaroni

2. 沸騰したら5分ほどゆで、ザルに上げて水を切ります
ざるにあげた小豆

Photo by macaroni

3. 圧力鍋で加圧します
圧力鍋とコンロ

Photo by macaroni

圧力鍋に2の小豆と水3カップ(600cc)を入れ、圧がかかったら弱火で5分加圧します。圧が下がったら蓋をあけ自然に冷まして60℃まで下げましょう。
4. 米麹とゆでた小豆を炊飯器に入れます
炊飯器と米麹

Photo by macaroni

手で米麹をポロポロとほぐし、3の小豆と塩を一緒に炊飯器に入れます。お湯(60℃)をひたひたになるくらいまで加えてください。
5.
小豆と米麹と炊飯器

Photo by macaroni

濡れたふきんをかぶせて、炊飯器の蓋は開けたまま8時間保温します。2〜3時間ごとにかきまぜ、水分が足りない場合はお湯(60℃)を加えましょう。ふきんが乾いている場合は、濡らしてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuko_suzuki

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう