ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

チョコ生クリーム(チョコホイップ)の作り方

Photo by suncatch

コクのがありなめらかなチョコ生クリームの作り方をご紹介します。今回は基本のレシピなので、材料は市販のミルクチョコ(板チョコ)1枚と生クリームのみです。作り方を覚えたら、お好みでブランデーやラム酒を少々加えるなど、アレンジを楽しんで下さいね。

材料(作りやすい分量)

Photo by suncatch

ミルクチョコレート…1枚(50g) 生クリーム…200cc ※泡立て用のボウル・泡だて器とワンサイズ大きいボウル、お湯と氷・水を用意します。

作り方

1. チョコレートは手で割り、包丁で砕きます。

Photo by suncatch

2. チョコを泡立て用のボウルに入れ、お湯を入れた大きめのボウルに当てて(湯せん)溶かします。(写真は泡立て用のボウルがガラスです)

Photo by suncach

3. チョコが完全に溶けてから、生クリームを少し加えてのばします。100ccまで、数回に分けて混ぜながら加えます。

Photo by suncatch

4. 100cc混ぜ終わった状態です。ボウルを湯せんから外し、残りの生クリームを加えて混ぜましょう。

Photo by suncatch

5. 湯せんに使ったボウルのお湯を捨て、冷水と氷を入れます。泡立て用ボウルを入れて、冷やしながら、しっかりと泡立てます。

Photo by suncatch

6. クリームがぼったりと重たくなり角が立てばできあがり。泡だて器ですくい上げたクリームが落ちない固さです。

Photo by suncatch

7. 器に移し替えたり、絞りだし袋に入れて使いましょう。

Photo by suncatch

作るときのコツ

・チョコレートが完全に溶けてから、少しずつ生クリームでのばしましょう。泡立てる時はしっかりと冷やす、温度管理がポイントです。 ・泡立て用のボウル・泡だて器やヘラは水滴のついていないものを使い、湯せんのお湯・氷水が泡だて用のボウルの中に入らないよう注意しましょう。 ・植物性クリーム(ホイップ)で作る時は、湯せんを熱くしすぎないこと(分離を防ぐため)、泡立て時はしっかりと冷やしてください。

もっと簡単に!ココアで作るチョコホイップ

Photo by suncatch

ココアと生クリームで簡単に方法もありますよ。チョコレートをつかったものより少し軽めの口あたりなので、味の好みや用途に合わせて使い分けするとGood! レシピでは、純ココアと砂糖を使用しますが、砂糖入りのミルクココアパウダーでも同じように作れます。

材料(作りやすい分量)

Photo by suncatch

純ココア…大さじ1 砂糖…大さじ2 生クリーム…200cc ※泡立て用のボウル・泡だて器とワンサイズ大きいボウル、お湯と氷・水を用意します。

特集

FEATURE CONTENTS