ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

日本酒に合う料理をお酒の種類別に解説

フルーティーな香りの吟醸酒や大吟醸が増えている影響でしょうか、最近は日本酒をたしなむ女性が増えてきています。国際的にも評価が高く、風味が白ワインに似ていることから、外国でも年々ファンが増えているそうです。そんな日本酒にはどんな料理が合うのかを、お酒のタイプごとに解説します。

日本酒は香りや味の濃淡によって4種類に大別

昔は日本酒を特級や1級などの級ごとに分けていましたが、いまは「普通酒」と「特定名称酒」の2種に分類されます。ここでは一般的な普通酒を除いた特定名称酒を、4種類のタイプに大別。その特徴と合う料理について紹介しますので、おつまみを選ぶ際の参考にしてください。

熟酒(じゅくしゅ)

長期熟成された「古酒」や「秘蔵酒」と呼ばれるお酒で、芳醇な香りと濃厚な味わいが特徴。濃い味付けのおつまみや、クセの強い料理と合わせるのがおすすめです。

醇酒(じゅんしゅ)

「山廃仕込」のような、日本古来の製法で醸造される日本酒です。香りは少ないものの豊かな味わいが特徴で、しっかりした味付けの和食や洋風の料理とよく合います。

薫酒(くんしゅ)

米の外側を削って低温で醸造する「吟醸酒」や、「大吟醸酒」が該当します。フルーティーな香りと澄んだ味わいで、素材を活かしたあっさりした味のおつまみに最適です。

爽酒(そうしゅ)

口当たりのやわらかい日本酒のことで、おもに醸造アルコールを添加して味を調整する「本醸造酒」のこと。冷やでも燗でもおいしい万能タイプで、どんな料理にも合います。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ