魚介を使った人気レシピ6選

日本酒に合うおつまみといえば、やはり魚介類が一番ですね。お刺身はもちろんのこと、焼き魚や煮つけなど、どんな魚介でも間違いなくおいしいおつまみになります。定番のポピュラーなレシピもいいですが、ここではちょっとひとひねりした魚介のレシピをご紹介します。

1. アジのさんが焼き

新鮮なアジはお刺身やタタキにするとおいしいですが、ねぎや生姜、味噌を加えて粘りが出るまで包丁でたたく「なめろう」も人気のおつまみです。この新鮮ななめろうを大葉で包んで揚げたのが「さんが焼き」。青魚特有の味と大葉の香りがややクセのある味わいなので、醇酒や熟酒など味わい深いお酒が合います。

2. アジと甘酢ショウガの和え物

冷蔵庫のなかにアジの真空パックの干物がある家庭も多いんじゃないですか。日持ちするので放置しがちで、つい忘れられたりしますね。そんなアジの干物も甘酢生姜と大根おろしがあれば、立派なお酒のおつまみになりますよ。さっぱり感からは爽酒を、アジのうま味と合う醇酒もいいですね。

3. イカとセロリの酒塩炒め

イカの炒めものは、イカのうま味を存分に味わえる定番の調理法ですね。その炒めものにしめじとセロリを加えたおつまみレシピ。セロリと聞いて意外に思う人も多いと思いますが、シャキシャキしたセロリがイカのうま味を吸っておいしくなります。セロリの香味と魚介のうま味には醇酒が一番です。

4. カツオのピリ辛漬け

カツオのお刺身があればぜひ作ってほしいレシピです。湯むきしたプチトマトを刻んで作る、コチュジャンソースの爽やかな酸味と甘辛さが、ややクセのあるカツオとよく合います。スタミナ満点で濃厚な味わいのこのおつまみには古酒など甘口の熟酒がよく合い、醇酒系の純米酒もおすすめです。

5. 大葉とタラコの天ぷら

そのままでも日本酒のおつまみになる、たらこを大葉で包んだ天ぷらのレシピ。魚卵の濃厚なうま味と塩辛さ、大葉の爽やかな風味の天ぷらは何もつけなくても十分においしいですよ。油を使った料理ながらあっさりしていますので、やはりフルーティーな大吟醸酒かやや辛口の爽酒が合います。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS