飲みやすい!ワインカクテル「キール」の上手な作り方&割り方

ワインだけでもおいしいのに更にカシスを加えた贅沢なカクテル、キール。お宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。ワインをベースにしたカクテルはキール以外も様々あります。アルコール度数低めの飲みやすく女性に人気のワインカクテルも紹介します。

キールってどんなカクテル?

キールというカクテルをご存知ですか?

これは、ワイン(白)を基本の材料として、カシスリキュールを混ぜたもの。ワイン好きの方にはおなじみのカクテルかもしれません。また、お酒はあまり得意ではない、という方にとって、とても飲みやすい点もキールの特徴です。

フェリックス・キールという人が考案したことから、キールと名付けられました。短時間で飲み干すショートドリンクに分類されるカクテルだそうですよ。今回は、そんなキールの作り方や飲み方をご紹介します。キール以外のさまざまなワインカクテルについてもお伝えしますよ。

ワインベースのカクテル

お酒好きの人であれば、ワインベースのカクテルと聞くと、すぐに思い浮かぶのがキールです。作り方も冷やした白ワインに、カシスのリキュールを加えるだけで実に簡単。考案した人の名前が付くくらいですから、多くの人から支持されているカクテルであるといえますね。

リキュールの量は自分の好みで調整します。カシスのリキュールもさまざまですから、メーカーによって価格や味が微妙に違うのです。

後で述べるように、キールの派生型で「キール・ロワイヤル」というカクテルがあります。これはメインのベースをシャンパンなどに変えたものです。シャンパンを開けたのに飲みきれなかった、味が好みではなかったというような場合にリキュールを入れることで、好みの味に変えられておいしくいただけますよ。

フランスブルゴーニュで誕生

食前酒やお祝いの席に合うキールは、フェリックス・キールという人が考案したカクテルです。

キールさんは、フランスのブルゴーニュ地方にあるディジョン市の市長でした。フランスといえばワインをお茶代わりに飲むことでも知られているので、キールはフランスらしいカクテルのレシピといえますね。

キールが世に出たのは、第二次世界大戦後なのだとか。ブルゴーニュ地方はワインの産地として有名で、ときの市長だったキールさんがワインの販売促進のために考案したのだそうです。

また、ワインは食事をおいしく食べるための食前酒として飲むことが一般的です。キールの場合もカクテルとはいえ、ワインベースなので食前酒として飲むことも多いのだそう。お祝いの席でもワインは欠かせませんが、キールも当然、お祝い酒として重用されています。

キールロワイヤルとは?

キールの白ワインをシャンパンベースに変えると、「キール・ロワイヤル」になります。なおシャンパンを使用するため、キール・ロワイヤルはフランスのシャンパーニュ地方生まれと勘違いしている人も多いのですが、実はそうではなく、オーストリアのウィーンが発祥です。英語風に、ロイヤル・キールと呼ばれることもあります。

一度開栓したシャンパンなどのスパークリング・ワインは、そのままにしておくと、どんどん気が抜けてしまいますよね。

開けたシャンパンの瓶を再び密栓できる器具が登場したのは、世界大戦が終わった後のこと。これが現れたことで、炭酸の入ったワインでも、より長く楽しめるようになったのです。それによって、スパークリングのワインのカクテルが気軽に作られるようになりました。これが、キール・ロワイヤルの普及にも一役買ったわけです。

自宅でできるキールの作り方

そのまま飲んでもおいしい白ワインですが、白ワインベースのカクテルレシピも数多くあります。赤ワインの場合、すでに色がついているためカクテルにすることが難しいのですが、白ワインであれば話は別。キールもその一つです。ここでは、自宅で簡単にできるキールの作り方を紹介します。

材料

ワインを主な材料とするカクテルは色々ありますが、定番と言えるもののひとつがキールでしょう。柔らかい飲みくちは、女性にもすすめやすく、お酒の強い風味が苦手な方でも大丈夫なんだとか。白ワインをしっかりと冷やしておくことがポイントです。

材料は白ワインを適量、さらにカシスリキュール。カシスリキュールは、白ワイン1に対して0.2程度が適量です。

作り方

カシス・リキュールを入れたワイン・グラスを用意します。そこによく冷やした辛口の白ワインを注いで、軽くかき回します。

一般的なコールドドリンクとは違って、キールの作成過程には、氷を使用して材料を冷却する工程がありません。さらにグラスにも氷が入っていないので、カシス・リキュールも含めて、材料はあらかじめ良く冷やしておくことがポイントです。さらにグラスもよく冷やしておくとよいでしょう。

ただし、冷やす時間がなくても、それほど神経質にならなくても大丈夫です。氷を使わなくてもいいという気楽さのほうが大事です。
▼女性に人気の定番カクテルといえば、こちらもチェック!

いろいろなワインの割り方

単体で飲んでもおいしくいただけるワイン、割り物を加えるとまた異なるおいしさを知ることができるんです。
いろいろなもので割ってワインカクテルのレパートリーを増やすと、さらに楽しみが増しますね。

レモネード

特集

SPECIAL CONTENTS