ブルゴーニュ渾身のワインカクテル「キール」の上手な作り方&割り方

ワインだけでもおいしいのに、さらにカシスを加えた贅沢なカクテル「キール」。お宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。ワインをベースにしたカクテルはキール以外もさまざまあるんですよ。アルコール度数低めの、飲みやすく女性に人気のワインカクテルもまとめてみました。

2019年5月23日 更新

ブルゴーニュ発のワインカクテル「キール」とは?

キールとは、白ワインをベースにカシス・リキュールを合わせたカクテルです。

ワイン好きの方にはおなじみのカクテルかもしれません。また、お酒はあまり得意ではない、という方にとって飲みやすいのが嬉しいポイント。ワイングラスに注ぐカクテルですが、飲み口の良さもあってか、短時間で飲み干すショートドリンクに分類されるカクテルなんですよ。

名前の由来はフランスの「キール」市長から

カクテル「キール」を考案したのは、フランス・ブルゴーニュ地方の都市で市長を務めたフェリックス・キール氏。彼は政治家であることに加え、食通としても知られていました。

第二次世界大戦が幕を下ろした1945年、各国の経済が疲弊するなか、ブルゴーニュ産ワインの輸出も滞ってしまいました。そこでキール氏は、同じくブルゴーニュ地方の名産品出会ったカシスと白ワインを使って、カクテルを考案。市の歓迎会で提供することで、その魅力を外へアピールしていったそうです。

料理人としての評価も高い彼のレシピは大好評。以来、彼は実に20年もの間市長を歴任し、その功績をたたえて「キール」の名が冠されました。

甘酸っぱく爽やかな味わいのキール

甘酸っぱく爽やかな風味のキールは、食前酒として好まれます。

1970年代、日本のワインブームの追い風もあって、キールは広く知られるカクテルとなりました。上品で気品も感じられるお酒なので、祝い酒として提供されることもあるんですよ。

爽やかワインカクテル「キール」のレシピ

ワイングラスに手をかける人

Photo by Snapmart

1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう