ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ブルゴーニュ発のワインカクテル「キール」とは?

キールとは、白ワインをベースにカシス・リキュールを合わせたカクテルです。 ワイン好きの方にはおなじみのカクテルかもしれません。また、お酒はあまり得意ではない、という方にとって飲みやすいのが嬉しいポイント。ワイングラスに注ぐカクテルですが、飲み口の良さもあってか、短時間で飲み干すショートドリンクに分類されるカクテルなんですよ。

名前の由来はフランスの「キール」市長から

カクテル「キール」を考案したのは、フランス・ブルゴーニュ地方の都市で市長を務めたフェリックス・キール氏。彼は政治家であることに加え、食通としても知られていました。 第二次世界大戦が幕を下ろした1945年、各国の経済が疲弊するなか、ブルゴーニュ産ワインの輸出も滞ってしまいました。そこでキール氏は、同じくブルゴーニュ地方の名産品出会ったカシスと白ワインを使って、カクテルを考案。市の歓迎会で提供することで、その魅力を外へアピールしていったそうです。 料理人としての評価も高い彼のレシピは大好評。以来、彼は実に20年もの間市長を歴任し、その功績をたたえて「キール」の名が冠されました。

甘酸っぱく爽やかな味わいのキール

甘酸っぱく爽やかな風味のキールは、食前酒として好まれます。 1970年代、日本のワインブームの追い風もあって、キールは広く知られるカクテルとなりました。上品で気品も感じられるお酒なので、祝い酒として提供されることもあるんですよ。

爽やかワインカクテル「キール」のレシピ

Photo by Snapmart

材料

・白ワイン……4/5(145cc) ・クレーム ド カシス(カシスリキュール)……1/5(35cc) ※ワイングラス180cc量

作り方

1. ワイングラスにクレーム ド カシスを注ぎます。 2. よく冷やした白ワインを注ぎ、軽くステアして完成! 基本的なレシピはワインとカシスを4:1の割合で合わせますが、もちろんお好みに合わせて調整してもOK!なかには9:1というレシピまであるんですよ。シェーカーも使わず、好きな量で混ぜるだけという気楽さも嬉しいですね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS