ローディング中

Loading...

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介いたします!

杏を使ったリキュール!アマレットとは?

イタリア生まれの「アマレット(Amaretto)」は、アーモンドやココナッツのような香りが特徴のこはく色のリキュール。主原料は杏の種子の“杏仁”と呼ばれる核のような部分。中華料理のデザートでおなじみの杏仁豆腐と同じ原料で、両者の風味はどことなく近いところがあるそう。
アマレットリキュールの用途はカクテルとして使うだけではありません。パンナコッタやティラミス、パウンドケーキなどのお菓子にも使われるなど、色々な使い方をすることができます。もちろん、杏仁豆腐をご家庭で作る時にも使えますよ!

杏仁豆腐に使われる「仁」は「苦杏仁(くきょうにん)」と言われる苦みが強いもので、アマレットに使われるのは「甜杏仁(てんきょうにん)」と言われる甘みが強いタイプです。苦杏仁は主に生薬として使用されており、漢方としては鎮咳剤・去痰剤として用いられているようです。

厳密に言うと仁の種類は異なりますが、味や香りは似ているため、ご家庭で作る分にはアマレットで代用しても十分においしい杏仁豆腐ができますよ!

アルコール度数

甘い芳醇な香りを放ち、お酒の弱い人でも飲みやすい味のアマレットリキュール。ですが、リキュール類の中でも、アルコール度数は少し高めの28度ぐらいあります。アマレットと同じように甘くて女性が好みやすい「カシス」や「カルーア」は20度、「カンパリ」は25度。甘くて飲みやすいリキュール類の中でもアルコール度数が高いということがお分かりいただけますでしょうか。

リキュールは割って飲むことが多いと思います。割り方にもよりますが、だいたい3割程度のアルコール度数に薄まります。3割と仮定すると8〜9度ぐらいに薄まりますが、ビールや缶チューハイ(5度前後)よりはアルコールは強めです。

甘くて飲みやすいためグイグイ飲めてしまいますが、お酒はお酒です。ご自身の体質や体調を気にしながら、飲み過ぎないようにおいしく楽しく飲みましょう。

アマレットの元祖「アマレット・ディ・サローノ」

アマレットリキュールは色々なメーカーから販売されていますが、アマレットの元祖である「アマレット・ディ・サローノ((Amaretto Di Saronno)」はあまりに有名ですね。アマレットリキュールと言えば、この四角いボトルをイメージする方が多いのではないでしょうか。

発祥は「アマレット・ディ・サローノ」の誕生年である1525年からはじまります。イタリア、ミラノ北部のサローノ村にあるサンタマリア・デレ・グラツィエ教会の聖堂に、キリスト降誕の壁画を書くためにベルナディノ・ルイーニという画家が赴いたそうです。そこで壁画に描く聖母マリアのモデルにしたのが、宿泊していた民宿の女主人でした。いつしか二人には愛する気持ちが芽生え、贈り物として作られたのがアマレットです。
今や150カ国以上の国々で愛されている有名なアマレットリキュールです。
もちろんアマレットリキュールは前述した通り、他のメーカーからも多く販売されていて、メーカーによって味わいが異なります。差が出る1つ目のポイントは、杏のエキスの量です。たくさん入っていると甘みが強く、少ないとさっぱりとした仕上がりになっています。2つ目のポイントは香りです。エキスを抽出した後に、様々なハーブをブレンドしているのですが、利用するハーブよって香りが全く異なります。メーカによって一番特徴が出るポイントかもしれません。

まだアマレットリキュールを飲んだことがない方は、まずは王道の「アマレット・ディ・サローノ」を試してみてはいかがでしょうか?その後、ご自身の好みに合わせて、様々なアマレットリキュールを試してみると楽しいかもしれませんね。

アマレットの飲み方

そもそもどんな味なの?

アマレットは、杏の核「仁」を主原料に、「仁」の蒸留液に10種類以上のハーブや果実を抽出します。その後、アルコールを配合し、バランスよくブレンド、熟成させて作ったものです。甘さの中にもややほろ苦さが感じられ、杏仁豆腐の甘い芳醇な香りとアーモンドに似た香ばしい香りがします。甘過ぎず、後味の良い杏仁の上品な甘さと香りが合わさった、完成度の高いリキュールです。

ロック

ソーダやミルクで割って飲むことが多いアマレットリキュールですが、ぜひ一度ロックでシンプルに飲んでみてください。香りや甘さをダイレクトに感じることができ、この数世紀もの間、人々に愛されてきたリキュールの完成度の高さを味わうことができますよ。

ソーダ割り/アマレット45ml + ソーダ適量

甘さを控えに味わいたい方には、ソーダ割がオススメ。すっきりとした味わいと炭酸の発泡が口の中ではじけちょうどいい味わいに。夏には、レモンを添えて更にさっぱりといただくのも良いですよ!

アマレットミルク/アマレットリキュール30ml + 牛乳適量

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

寒い冬は「ホットバタードラム」のカクテルレシピであたたまろう♡

冬になると飲みたくなるホットカクテル。温めたラムにバターを落とすカクテルをご存じですか?シナモンなどのスパイスを加えるので冷え性さんも注目!さらにアイスクリームを足して、デザート感覚でも楽しめるドリンクのレシ…

どうしても飲めないときは!ノンアルコール「サウジシャンパン」で盛り上がろう

お酒が苦手な人や飲みたいけど車の運転を控えていたり妊娠中で飲酒できないときにノンアルコールの「サウジシャンパン」はいかがですか?フルーティーなドリンクですよ。またサウジアラビアの料理「カプサ」の作り方も一緒に…

甘くて芳醇な香り、カシスカクテルのおすすめ15選で生活を華やかに!

お酒好きなら、カシスリキュールをつかったカクテルベースのお酒も見逃せないですよね♩今回は様々なカシスカクテル15選をご紹介します。カシスオレンジといった基本の飲み方からウォッカやテキーラを組み合わせたものまで…

定番から通好みまで!「ホワイトキュラソー」のカクテルレシピまとめ

リキュールによく使われているカクテルに「ホワイトキュラソー」があります。クセのない味わいは様々なドリンクと相性がいいため、ひとつ置いておくといいかもしれません。今回はホワイトキュラソーを使ったカクテルと、おす…

本格カクテル!「ギムレット」のレシピ、意味、特徴は?

ギムレットというカクテルをご存知でしょうか?ジンをベースにした飲みやすいカクテルです。カクテルのネーミングには、意味や由来があります。今回は本格カクテルであるギムレットのレシピ、意味、特徴についてご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ハーブの使い方まとめ<基本編>

普段料理をするとき、いつも決まったハーブばかり使っていませんか?ハーブの使い分けを覚えることで、あなたの料理の幅がぐっと美味しくなりますよ。それぞれのハーブの特徴と相性の良い料理ジャンルを紹介します。

大人も子どもも喜ぶ!「オーロラソース」を使った人気レシピ10選

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

「おにぎらず」のアレンジレシピ10選!話題から定番へ☆

今、ブームになっている「おにぎらず」の人気アレンジレシピを10種類まとめました。握る必要がないので簡単で尚且つ食べやすいので、お弁当に入れる方も多数♡「おにぎらず」という響きも可愛いですよね♪

これでマンネリ打破!卵焼きアレンジ【味付け・具材・リメイク】20選

朝食やお弁当で人気の「卵焼き」。卵ひとつで作れる、ザ・和食とも言えるひと品ですよね。しかし、いつも同じだと飽きてしまう…。そこで今回は、卵焼きの人気アレンジレシピを20品ご紹介!味付け、具材、リメイク、あなた…

お弁当でも大活躍!揚げ物レシピをジャンル別に25選!

揚げ物は自宅での食事だけでなく、お弁当でも大活躍してくれますよね。でもメニューはいつもありきたりなものばかり……。そこで今回は、人気レシピを唐揚げや天ぷら、フライなどのジャンルに分けて25点ご紹介します。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

魔法のケーキおすすめ海外レシピ!3つの味が楽しめる「マジックレモンケーキ」

今フランスで人気のマジックケーキ、焼けば3層に分かれてそれぞれ違った食感で話題ですよね。まさに魔法のケーキ。レシピ本が発売されるなど日本でもブームの予感。今回は海外からおすすめのレシピをご紹介します。是非作っ…

イタリアの家庭料理「シーフード・トマトスープ」の作り方

寒い季節に暖まれる魚介のダシがたっぷり詰まったこのスープは「ズッパ・ディ・ペッシェ」とイタリアで呼ばれています。コンダッテの人気ユーザーさんが紹介していたレシピを詳しく写真付きでご紹介♩

クリスマスに焼きたい『ホームメイドパイ』のアレンジレシピ6選

海外で派手さはなくても静かな人気を保ち続けているクリスマスのスイーツと言えばパイだそうです。特にホームメイドのパイは、この時期大活躍。ホームパーティーのおもてなしにもパイは頻繁に登場するそうです。そこでパイの…

ページTOPに戻る