ほっこり心地いい♪「ホットウイスキー」の作り方とアレンジ方法

寝る前のリラックスタイムにぴったりのホットウイスキー。ウイスキーが苦手な人にも、ホットウイスキーはおすすめです。アレンジ豊富で、女性向きの飲みやすいものがたくさん!基本の作り方からさまざまなアレンジ、ちょい足しテクまで幅広くご紹介します!

ホットウイスキーのアレンジを楽しもう

温かいカップから立ちのぼる芳醇な香りと、透き通る琥珀色の輝き。ホットウイスキーをひと口含めば、疲れ切った体の隅々にゆるやかに届いて、疲れをおだやかにほくしてくれます。一日の締めくくりにぴったりですね。

冬の厳しい寒さはもちろん、気づかないうちに溜まっている夏の冷房疲れや、風邪のひき始めにもおすすめのホットウイスキー。アレンジが多彩で、味わいの幅が広いこともホットウイスキーの魅力です。

基本のホットウイスキーの作り方

材料

ホットウイスキーとは、ウイスキーのお湯割りのこと。

ウイスキーとお湯、耐熱用のグラスやカップがあれば簡単に作れます。おいしいホットウイスキーを作るコツは、カップをあらかじめ温めておくこと。沸騰したお湯でカップを先に温めておきましょう。

ウイスキーを割るお湯は、沸騰したてよりも80℃くらいのお湯がベスト。80℃という温度が、ウイスキーをもっとも魅惑的に香らせる温度です。湯温が下がるのを待つ間に、カップを温めておくといいですね。

カップが温まったら1/4から1/3程度を目安に、ウイスキーを注ぎます。濃いめが好きな方はウイスキーの倍程度、薄めがお好みなら3倍程度のお湯を注ぎ、マドラーなどでゆっくりひと回し。これで、おいしいホットウイスキーのできあがりです。

こんなグラスがおすすめ

お湯で割るホットウイスキーのグラスには、耐熱性のあるものが適しています。保温性があることで知られる、二層式のダブルウォールグラスやステンレスグラスで飲めば、飲んでいるうちに冷めてしまう心配もありません。たっぷり飲みたいときには、大きめのコーヒーマグなどもおすすめですよ♪

ホットウイスキーに甘みや濃厚さをちょい足し

ジャム

ホットウイスキーにジャムをちょい足しするとまろやかで、フルーティーな味わいに変化しますよ。ウイスキーが苦手な方にもおすすめの飲み方。ティースプーン1杯程度のジャムをウイスキーと混ぜ合わせてから、お湯を注ぐのがポイントです。

おすすめはリンゴジャム。リンゴはカルヴァドスというお酒の原料でもあり、アルコールとの相性は抜群です。いちごなどベリー系のジャムも◎

はちみつ

はちみつとウイスキーも相性のいい組み合わせです。ホットウイスキーに、はちみつをひとさじ加えると、口当たりがマイルドに。自然の甘みで飲みやすくなります。ウイスキーが苦手な方は、はちみつを多めに入れるといいですよ。リラックスタイムにぴったりです♪

ミルク

ウイスキーとホットミルクの組み合わせは一見合わなさそうですが、実は古くから愛されてきた名コンビ。「ホット・カウボーイ」という名前で知られる有名なカクテルで、ラムレーズンのような芳醇な味わいです。さらにお好みで、はちみつやシナモン、バターなどを加えると、よりおしゃれで濃厚に♪

バター

ホットウイスキーに5g程度のバターをひとかけ、たったこれだけでまろやかな口当たりとコクが嬉しいホットカクテルが楽しめますよ。ひと口含んだときから体がポカポカと温まるので、しんしんと冷える冬の夜や、1日冷房にさらされて疲れた夏の日にもおすすめです。

ホットウイスキーに香りをちょい足し

シナモン

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう