ライター : 秋山 ちとせ

紅茶コーディネーター/世界のお茶マイスター

世界のお茶×テーブルコーディネート教室「Flower&Tea Room La Briller(ラブリエ)」を主催しています。紅茶コーディネーター、世界のお茶マイスター、世界のお茶専門店勤務歴10年、テ…もっとみる

ピニャコラーダとは?

「ピニャコラーダ」はカリブ発祥のトロピカルカクテル。ラム酒をベースにパイナップルジュースとココナッツミルクをシェイクして作る、甘くフルーティーなカクテルなんですよ。パイナップルやチェリーがグラスに添えられることも多いピニャコラーダは、おしゃれな見た目も魅力的。日本では「ピニャカラーダ」と表記されることもあります。

ピニャコラーダのココナッツミルクを、ラム酒ベースのリキュール「マリブ」に変えて作るカクテルは、「マリブ・ピニャコラーダ」。ココナッツミルクやホワイトラムがないときでも、マリブとフルーツがあれば楽しめます。

ピニャコラーダの意味

ピニャコラーダは、スペイン語で“裏ごししたパイナップル”。名前前半の「ピニャ」とは、スペイン語で「パイナップル」を意味しています。パイナップルの果肉をすりつぶし裏ごししたジュースを使ったことに、由来すると言われているんですよ。

アルコール度数

トロピカルな甘さでクセもないピニャコラーダ、そのアルコール度数は8%程度です。

ベースのラム酒はアルコール度数が40%ほどですが、パイナップルジュースやココナッツミルク、クラッシュアイスを加えていくので、アルコール度数は低めなんですよ。女性人気が高い、楽しみやすいカクテルです。

カクテル「チチ」との違い

よく似たココナッツ系のトロピカルカクテルで人気なのが「チチ」。 パイナップルジュースとココナッツミルクをたっぷりと使った、ミルキーで口当たりのいいカクテルです。

ハワイ生まれのチチは、 当初「チチ」と「ピニャコラーダ」のレシピが偶然同じであったため、チチのほうがベースを変えて作られるようになりました。現在ではチチのベースはウォッカになっています。

定番トロピカルカクテル♪「ピニャコラーダ」のレシピ

材料(1杯分)

・ホワイトラム……30cc(メジャーカップ小1杯) ・ココナッツミルク……45cc(メジャーカップ大1杯) ・パイナップルジュース……80cc
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ