ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ピニャコラーダとは?

ピニャコラーダは、ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクしたカクテル。黄白色の色合いで甘みが強いのが特徴です。1970年代にマイアミやニューヨークで大流行したカクテルで、フローズンスタイルに仕上げることもあります。

ピニャコラーダの意味

ピニャコラーダは、スペイン語で"裏ごししたパイナップル"という意味を持ちます。 このカクテルが生まれたのは、1963年のこと。プエルト・リコの「バラキーナ・バー」でバーテンダーを務めるラモン・ポルタス・ミンガ氏が創作しました。これを「カリブ・ヒルトン・ホテル」のラモン・マローレ・ペレス氏が世に広めたのですが、なんでも彼が先に考案したという説も。 通常はグラスに入れて飲みますが、一時期、アイスクリーム用のコーンに入れて食べるスタイルが流行りました。日本では、ピニャカラーダと表記されることもあります。

アルコール度数

甘みもありクセがないので、非常に飲みやすいピニャコラーダ。そのアルコール度数も、8%程度と飲みやすくなっています。ノンアルコールで作ることもできて、お酒の飲めない方にも人気。度数が低めなので、女性にすすめても安心なカクテルです。 そしてピニャコラーダは、パイナップルやチェリーが添えられて出てくることが多いのも特徴です。カクテルピンに刺してグラスのふちにかけたり、そのままグラスの中に入れてもよいとされています。

カクテル「チチ」との違い

よく似たココナッツ系のトロピカルカクテルで人気なのが「チチ」。 ハワイ生まれのチチは、ブラウスの胸元にあるフリル「シシ」を語源としています。パイナップルジュースとココナッツミルクをたっぷりと使ったミルキーで口当たりのいい飲み口のカクテルです。 実は当初、「チチ」と「ピニャコラーダ」のレシピが偶然同じであったため、「チチ」の方がベースを変えて作られるようになりました。現在では、「チチ」のベースはウォッカになっています。

定番トロピカルカクテル♪ 「ピニャコラーダ」のレシピ

Photo by Snapmart

バーで飲むことの多いピニャコラーダですが、お家でも簡単に作ることができます。シェイクのような飲みやすさで、ココナッツの甘みがたっぷり。暑い日に手作りしてみてはいかがですか?

材料(1杯分)

・ホワイトラム……30cc(メジャーカップ小1杯) ・ココナッツミルク……45cc(メジャーカップ大1杯) ・パイナップルジュース……80cc
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS