野菜のおつまみレシピ5選

本当の日本酒好きは凝ったおつまみなど必要とせず、お漬物や塩をなめながら飲むともいわれます。そうはいっても何も食べずにお酒を飲むのは体に悪いですよね。こってりしたものが苦手な人や野菜好きの人にぴったりな、お手軽に作れるおつまみレシピを選んでみました。

1. キュウリのピリ辛山椒和え

きゅうりとプチトマトがあれば、調味料と和えるだけでできる超簡単なレシピ。ピリ辛なラー油と山椒の爽やかな辛さで、ポリポリときゅうりがいくらでも食べられちゃいますよ♩ラー油を多めに加える場合はごま油を控えてもいいですね。吟醸酒もいいですが、オールマイティーな爽酒系のほうがおすすめ。

2. 焼きエリンギ

スライスしたエリンギを網で焼くだけのお手軽料理で、うま味と歯ごたえを楽しめるおつまみです。網がなければ魚焼きグリルやオーブントースターを利用してもOK!レシピでは醤油をかけていますがポン酢でもおいしいですよ。さっぱりといただけるのでフルーティーな大吟醸酒が一番です。

3. 野菜の三色炒め

エンサイ(空芯菜)と玉ねぎ、トマトをそれぞれに違う風味で炒めた彩りのいい料理です。バターやオイスターソース、干し海老にオリーブの実などを使ったぜいたくな野菜炒めで、しっかりした味付けがおいしいおつまみ。香りの低い爽酒系がおすすめですが、醇酒系の純米酒もいいですね。

4. 小松菜ペペロンチーノ

ピリッとした辛さがお酒によく合う小松菜のおつまみです。オリーブオイルでじっくり炒めた赤唐辛子の辛さ、にんにくの香りと風味のペペロンチーノ味で日本酒がすすみます。小松菜だけでなく、ほかのクセの少ない青物でもいいですね。これにはやはり爽酒系の生酒などいかがでしょうか。

5. 長芋のピリ辛炒め

山かけや短冊をわさび醤油でいただくことが多いあっさり系の長芋も、調味料を工夫すればしっかりした味わいのおつまみになります。ちりめんじゃこや塩昆布のうま味と、豆板醤にナンプラーのエスニック風味がおいしい料理です。野菜ながら濃い味付けなので爽酒か醇酒系をおすすめします。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS