ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

しいたけの基本情報

おいしいしいたけの見分け方

新鮮でおいしいしいたけを見分けるためには、まずカサを確認しましょう。明るい茶褐色でツヤがあり、カサが開いておらず、強く巻いているものを選びます。 裏側のヒダの部分は、白くきれいなものがGood!ヒダが茶色っぽかったり、くずれているものは鮮度が落ちている可能性があります。軸は太めで短く、しっかりしているものがおいしいしいたけです♪

保存方法

しいたけは湿気が苦手で水滴がつくと傷みやすくなります。新聞紙やキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れて保存しましょう。冷蔵庫の野菜室で3~5日間保存することができます。 冷凍保存する場合は、軸を切り落としてジッパー付の袋に入れて保存しましょう。スライスしても、軸を取っただけの形でもOKです。使用するときは、解凍せずにそのまま調理してください。軸も食べられるので捨てずに使ってくださいね。
▼しいたけの保存方法の詳細はこちら

レンジで簡単しいたけレシピ7選

1. 彩り野菜のしいたけ肉詰め

カラフルなたねをしいたけに詰めて、電子レンジで加熱して作ります。味噌味がしっかりついているので、たれはいりません。ころころしていて詰めやすく、彩りがきれいなのでお弁当のおかずにおすすめです。

2. しいたけのレンジ蒸し

しいたけのカサに中華風に味つけしたツナをのせて、レンジで加熱するだけの簡単レシピです。ごま油の香りが食欲をそそり、ツナのうまみがじわっとしみわたります。あとひと品ほしいなというときにぴったりです。

3. しいたけのみぞれ和え

しいたけが主役の和えもので、レモン汁やすだちと大根おろしでさっぱりとしています。しょうゆをめんつゆに変えても◎。冷たく冷やして食べるのがおすすめです。冷やしうどんや、そうめんのおともにどうぞ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS