常温はNG!? ゴーヤーのおいしい保存方法&保存期間

夏になると大量に手に入る機会も多いゴーヤー♪ でも、常温で保存していたら、知らない間にシワシワになっていた、なんてことはないでしょうか?実はゴーヤー常温よりも確実においしさをキープできる秘策があるんです!今回はそんなゴーヤーのとっておきの保存方法をご紹介していきます◎

2019年3月4日 更新

2. ラップで包んで冷蔵保存

空気を入れないように、ぴったりとラップを密着させて包みます。乾燥に弱いので切り口を下にし、冷蔵の野菜室で保存しましょう。

注意点

ゴーヤは水気や乾燥に弱く、劣化が進みやすくなります。またカットしたあとに洗うと、切り口から栄養素が流れてしまうことも。保存するときは水で洗わずに、汚れが気になる場合はキッチンペーパーでやさしく拭き取ってください。

保存期間

種やワタを取り除いた状態であれば、1週間から10日ほど冷蔵保存することができます。傷んでくるとしわしわと縮むように乾燥していくので、みずみずしくおいしい状態のうちに使い切りましょう。

大量のゴーヤーも長く保存!ゴーヤーの冷凍保存方法

保存方法の手順

1. 冷蔵保存と同様に種とワタを取り除く

家庭菜園やベランダで大量のゴーヤーを収穫した、そんなときは冷凍保存してみましょう。冷蔵保存と同じように縦半分にカットし、中を取り除きます。

2. カット面を下にしてスライスする

ゴーヤーをお好みの幅でスライスしていきます。ゴーヤー特有の苦味が苦手な方は、薄めにスライスすることで緩和されますよ。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう