ゴーヤは常温じゃダメ?おすすめの保存方法と保存期間について

ゴーヤといえば「夏」の野菜というイメージですが、上手に保存すればいつでも食べられる食材なんです。意外と知られていないゴーヤの保存の仕方や保存期間についてご紹介しましょう。苦手な方でも食べやすくなる下処理のコツがあるんです!

ゴーヤの保存方法って?

沖縄料理で欠かせない「ゴーヤ」。夏になると、あの苦味が恋しくなりるという方も少なくないのでは。最近ではグリーンカーテン(日よけ)にもなることから、家庭でゴーヤを育てる方も多いですよね。夏が近づくとお手頃価格になるので、買いだめしたくなりますが、残念ながらゴーヤは常温保存に向いていません。ゴーヤを常温のまま置いておくとシワシワになってしまい、外は黄ばんで、中の種は赤くなってしまうんです。

では、ゴーヤの保存はどうすればいいのでしょうか?

冷蔵保存したい時

タネ&ワタを取り除いて保存

買ってきてから数日なら、冷蔵庫の野菜室でも大丈夫です。ゴーヤの表面の汚れを拭き取ってラップでくるみ、冷蔵庫の野菜室に立てて入れておきましょう。

1週間くらい保存したいなら、買ってすぐにゴーヤを縦半分に切り、種とワタを取り出します。切り口にキッチンペーパーをかぶせラップで全体を包んだら、切り口を下にして冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

ゴーヤは種とワタの部分から傷みはじめるので、手に入れたらすぐに種とワタをスプーンでくりぬいて下処理をしておくのがおすすめです。

保存期間

もしゴーヤの苦みが気になる、青臭さが無理!そんな方はあとひと手間加えましょう。
下処理した後、熱湯で1~2分茹でたらザルにあげて、流水でさっと洗って水気を絞ります。
ゴーヤのビタミンは加熱しても壊れにくいので、ここまでしてから保存しておけば、苦手な人でもかなり食べやすいはずです。

冷蔵庫での保存期間の目安は、約1週間~10日です。

冷凍保存したい時

下処理をしてから保存

ゴーヤの保存方法として、栄養面・保存期間の両方を考えると冷凍保存がおすすめです。

ゴーヤはそのまま冷凍すると、解凍したときに苦味が出てしまいます。また解凍時に柔らかくなって切りにくくなりますので要注意です。

冷凍保存のコツは、縦半分に切り種とワタを取りのぞいたら、使いやすい薄さに切って1分ほど水にさらします。それからキッチンペーパーなどで水気をよくきって、冷凍用のビニール保存袋に入れて保存しましょう。

保存期間

もうひと工夫するなら、薄切りにしたあとで軽く炒めたり、サッと塩茹でしてから冷凍保存すると、解凍したあとに使いやすく、鮮度もアップしますよ。茹で過ぎると解凍したときの食感が悪くなりますので、ちょっと硬すぎるかな?と感じるくらいに茹でておきましょう。

保存期間の目安は、約1カ月です。

解凍する時

使うときは電子レンジで軽く解凍してもいいのですが、凍ったまま調理もできて便利です。

なるべく薄く広げてラップしておけば、凍ったまま炒め物に加えることもできるし、解凍時間も短くてすみます。

乾燥保存も可能

ゴーヤを一度乾燥させてから冷凍保存すれば、夏に収穫したゴーヤを寒くなってもおいしく食べられます。

まずは下処理して薄切りにしたゴーヤをザルに並べて天日干しにします。できればカラカラになるまで2、3日乾燥させましょう。乾燥したら冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫に入れればOKです。海苔やお菓子に入っている乾燥剤があれば、一緒に入れてください。

水分を抜いたゴーヤは、半年以上保存しておくことだって可能です。使うときは、一度水にさらしてから炒めるといいですよ。

ゴーヤーチャンプルーの保存方法も知りたい!

基本のゴーヤチャンプルーの作り方

材料

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう