ゴーヤを賢く保存しよう

ゴーヤは表面が黄色っぽくなって、切ったときに種が赤くなってきたら、栄養も損なわれておいしく食べることはできません。 でも上手に保存すれば栄養価も損なわれず、いつでもゴーヤが食べられるんです。栄養価の高いゴーヤを賢く保存して、おいしくいただきましょう。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ