ゴーヤ(にがうり)好きさん大集合!舌も喜ぶ絶品レシピ20選

夏を感じるお野菜のひとつ「にがうり」。栄養満点なので夏バテ予防としても食卓に取り入れたいですね。でも思いつくのはゴーヤチャンプルーだけ…?なんてあなたに、苦味を抑えたメニューから、苦味を活かしたメニューまで、おすすめのレシピをご紹介します。

そもそも、にがうりとゴーヤって同じもの?

「にがうり」と「ゴーヤ」って同じもの?と思う方も多いかもしれません。実は、どちらも同じもの。「にがうり(ニガウリ)」は生物学的に使われる呼び名、一方で、「ゴーヤ(ゴーヤー)」は沖縄の呼び名で、同じ野菜を指しています。農学などでは「ツルレイシ」と呼ばれることもあるそうですよ。

さっと作れてヘルシー!にがうりのサラダレシピ5選

1. ゴーヤのマヨサラダ

ツナとマヨネーズでにがうり本来の苦味をやわらげるので、ほんのりとした苦味を一緒に楽しめるレシピです。いつもなら、きゅうりを入れてしまいそうなメニューですが、そこをにがうりに変えれば栄養価もさらに期待できます。

2. ゴーヤのサラダ、アボカドドレッシング

アボカドドレッシングをにがうりのサラダにかけるというこちらのレシピ。にがうりの苦味とアボカドのコクがなんともいえない味を作り出します。満足できる食べ応えなのに、とってもヘルシーで嬉しいメニューです。

3. ゴーヤとちくわのゴママヨネーズサラダ

ちくわとにがうりって合うんです。にがうりの苦味に、ちょっと甘いちくわが相性バツグン!ビタミンをたっぶりとりたいときにおすすめのひと品です。仕上げの白ゴマは、練りゴマで代用してもコクが増しておいしいとのこと。お試しください!

4. 夏バテ知らず!ゴーヤと梅のサラダ

夏バテのときにおすすめしたいのがこちらのメニュー。梅干しが入っているので、食欲がないときでも食べやすいですね。にがうりと梅干しで見た目はこんなに華やかなのに、作り方も簡単なのが嬉しいところ。ビタミンもしっかりとれてヘルシーなひと品です。

5. ゴーヤの和風マリネ

にがうりの苦味を活かしたこちらのレシピ。材料に味がしっかり染み込むように調味料をなじませましょう。苦味が強すぎるときは、種とわたをスプーンで丁寧に取り除いてから調理してみてくださいね。白い部分をできるだけ残さないようにすると苦味を抑えることができます。

特集

SPECIAL CONTENTS