使い方はあなた次第!ココナッツパウダーのおすすめレシピ19選

ココナッツの風味がたっぷりとつまったココナッツパウダー。お菓子やドリンクにはもちろんのこと、実はお料理やパンにも使えるって知っていましたか?今回は、ココナッツパウダーの魅力を存分に味わえるおすすめレシピ20選をご紹介します。

2019年10月3日 更新

ココナッツパウダーを上手に活用しよう

ココナッツパウダーとは

ココナッツパウダーとは、その名の通りココヤシの実の胚乳(はいにゅう)を粉末状にしたもの。胚乳をすりおろし、水を加えてこすことによって作られてます。粒の大きなものはフレークやファインと呼ばれています。よく似た名前のココナッツミルクパウダーは乾燥したココナッツミルクを粉末にしたもので、全くの別物なのだそう。

使い方

ココナッツパウダーの使い方は大きく分けて2種類あります。まずはパウダーのまま使う方法。いろいろなお料理に混ぜ込むことでココナッツの風味や優しい甘みを感じられます。また水で溶いて使うことで、ココナッツミルクのように使うこともできるんですよ。お料理によって使い分けてみてくださいね。

ココナッツパウダーのメリット

ココナッツパウダーのいちばんのメリットは、日持ちするということ。粉状なので長く保存ができ、慌てて使う必要がありません。大容量のものも安心して購入できそうですね。

さらにパウダーのままで使えるので、お料理やお菓子のレパートリーも広がりそう。毎日の食卓がバリエーション豊かなものになりますね。いつものお菓子に風味をプラスしたい方は、小麦粉にココナッツパウダーを加えるのもおすすめですよ。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう