ほんのり甘くて絶品♪ココナッツフラワーのお菓子レシピ15選!

「ココナッツフラワー」はご存知ですか?小麦粉や米粉のように使える、ココナッツの粉末のこと。実際にはどのように使うのが一般的なのでしょうか?今回はお菓子にフォーカスをあて、ココナッツフラワーを使ったレシピを15種類ご紹介します。

ココナッツフラワーって?

ココナッツフラワーは、ひと言でいえば「ココナッツの加工食材」です。ココナッツの果肉を乾燥させて、粉末状にしたものを指します。小麦粉の代用品としてお菓子作りに使われることが多い食材。ココナッツの自然の甘さがあるので、砂糖の使用量を軽減できたり、小麦アレルギーのある方でも使用できたりといいことづくしなんですよ。

ココナッツオイルやココナッツミルクなど、ココナッツを原料にした食材はいろいろな種類があります。ココナッツフラワーは別名「ココナッツパウダー」、ココナッツフラワーの粗びきの状態のものは「ココナッツファイン」と呼ばれますが、製法は同じです。さっそく、ココナッツフラワーを使ったレシピをご紹介します。

ココナッツフラワーのクッキー6選

1. ドロップクッキー

薄力粉とココナッツファインを使ったクッキーレシピです。ショートニングを使用しているので、サクサクした食感になります。ココナッツファインはチョコチップと同じタイミングで、後半に加えてください。スプーンで丸めながら成形するので手が汚れず、型抜きなどの洗い物が出ないので気軽に作れます。

2. バナナココナッツ胡桃のドロップクッキー

こちらも、スプーンで成形する「ドロップクッキー」のレシピです。ココナッツファインを含め、粉類は合わせて振るっておきます。バターやマーガリンは使わずに、サラダ油を使ったひと品。クルミのサクサク感とバナナの甘みがあとをひく美味しさです。

3. ココナッツクッキー

5.5センチのクッキーが、たっぷり40枚作れるレシピです。ほろほろ崩れる食感で、ティータイムのお供にぴったり。型抜きタイプの生地なので、お子さんと一緒に作るのもオススメです。溶き卵を表面に塗ってから焼き上げるので、ツヤっとした仕上がりで見た目も美しく、お土産にも重宝しそう。

4. ココナッツオイルのクッキー

こちらは、まとめた生地を包丁でスライスして焼き上げるクッキーのレシピ。ココナッツファインのほかにも、ココナッツオイルをプラスしているので、香り高いクッキーに仕上がります。ココナッツオイルは融点が低いので手の温度で溶けやすく、冷凍庫で生地を冷やしながらの作業がオススメです。

5. チョコチップクッキー

ココナッツファインとチョコチップを使ったレシピです、ショートニングと無塩バターが半量ずつなので、サクサクとした食感に仕上がります。ココナッツファインはあらかじめオーブンでローストしておくと食感のアクセントになり、香りも引き立つのでオススメです。スプーンでドロップして成形するので、手が汚れないのもいいですね。

特集

SPECIAL CONTENTS