女性の味方!ココナッツファインとは?おいしいレシピや知っておきたい代用品

グラノーラやクッキーのトッピングにも使われている粉末「ココナッツファイン」を知っていますか?ダイエットや便秘解消など、女性に嬉しい効果が期待できる食品。今回はレシピや代用品まで、知って得する情報をお届けします。

2017年11月30日 更新

ライター : wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプラが大好きです♪

ココナッツファインとは?

みなさん、ココナッツファインってご存じですか?グラノーラやクッキー、パンケーキのトッピングなどに使われている、あのサクサクした粉末。スイーツ好きなら、一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。噛んでいるとほんのり甘い香りがして、トロピカルな気分を味わえます。 ココナッツファインは香りや食感を楽しめるだけではなく、美容成分がたっぷり詰まったスーパーフードでもあります!具体的な効能は、のちほどご紹介しますね。 使い方は意外に簡単。シリアルやヨーグルト、パンケーキ、アイスクリームなどにトッピングすれば、それだけで南国風にアレンジできます。カレーやピラフにだって、よく合うんですよ!詳しいレシピも最後の方でご紹介します。

ココナッツファインとココナッツパウダーの違い

ココナッツファインとココナッツパウダーの違いは、簡単にいえば粒子の大きさの違いです。ココナッツファインは粗びきにしたもので、ココナッツパウダーは粉末状にしたものと覚えておくとよいでしょう。 基本的にココナッツパウダーは製菓材料として生地に混ぜ込んで使用します。一方、ココナッツファインはクッキー生地と一緒に混ぜて焼くと、サクッとしたあの食感が実現できます。

ほかにもまだある、ココナッツ製品

ココナッツを使った製品はほかにもたくさんありすぎて、混乱しますよね。そこで、基本的なココナッツ製品をざっと確認しておきましょう。 【ココナッツフレーク】 熟して固くなった胚乳を、けずりとって乾かしフレーク状にしたもの。粗びきにすればココナッツファイン、細切りにすればココナッツロングになります。 【ココナッツミルク】 殻の内側にびっちりとついている白い胚乳を、まだ熟していないうちにけずりとり、水で煮込んで裏ごししたもの。 【ココナッツミルクパウダー】 ココナッツミルクを煮詰めて水分を蒸発させて、パウダー状にしたもの。ココナッツパウダーと違い、水に溶かせばココナッツミルクとして使えます。

ココナッツファインが持つ栄養・効能

ココナッツは、殻の内側についている白い胚乳も、中にたっぷり詰まったココナッツウォーターも、胚乳から抽出したココナッツオイルも、すべて含めて美容成分たっぷりのスーパーフードです。だから、その胚乳から作られるココナッツファインにも、うれしい効果が期待が期待できます。 具体的にはどんな効能があるのか、簡単にご紹介しましょう。

ダイエット効果

ココナッツは脂肪分が多く太りそうに思えますが、じつは違います。ココナッツに含まれる脂肪は蓄積されづらい上に、体脂肪を燃やす働きのあるラウリン酸が豊富に含まれているんです。ただし、ココナッツファイン自体は1カップで401kcalあるので、食べすぎには注意!

便秘解消

食物繊維を豊富に含むので、腸の働きを活発にして便通を促します。お通じがよくなることによって、美肌にもつながるので女性にとってうれしい効果ですよね。

特集

FEATURE CONTENTS