ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

大胆にガブリと食べたいかたまり肉!

今回は豚かたまり肉を使ったレシピを集めました。かたまり肉を丸ごと料理するとうまみが逃げないため、凝縮した肉汁がジュワっと染み出し、肉汁スープも楽しめますね!圧力鍋で時短、炊飯器で放置、また鍋でコトコト煮込むなど調理法ごとのおいしくて柔らかい、豚かたまりレシピをご紹介していきます。

圧力鍋で時短♪豚かたまり肉レシピ5選

1. 定番豚の角煮!圧力鍋なら10分で完成

豚バラ肉を使った豚の角煮は、下ごしらえと時間が大変というイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、圧力鍋を使えば、加圧時間10分で驚くほど柔らかい角煮が完成しますよ!お口の中で脂がジュワっと広がった後に、肉の繊維がほろっとほどける感覚がたまりませんね♪

2. レンジ圧力鍋で豚バラ肉と赤目芋の照り煮

骨付きバラ肉と芋やほうれん草を一緒に煮込んだ照り煮です。骨付き肉もしっかりと火が通ると、骨からつるんと肉がはがれます。また、骨から出るうまみが甘辛いだしとともに野菜にしみ込み、豚のうまみを2倍楽しめますよ!こちらのレシピでは赤目芋を使っているので、ジャガイモのように煮溶ける心配がありません。

3. スペアリブでアイスバイン!

ドイツ伝統の豚肉煮込み料理「アイスバイン」は、本場では豚のすね肉を使うことがほとんどです。豚のすね肉は日本ではあまり見かけることがありませんが、スペアリブで代用することができます。塩漬け、熟成させた後に香味野菜と一緒に圧力鍋で加圧して、ビールによく合う豚肉料理が簡単に楽しめます。

4. ヒレブロックのデミソース煮込み

豚ヒレ肉をひと口大に切ったものを、デミグラスソースで煮込んだひと品。ヒレ肉は煮込む前に片栗粉でソテーをしているため、表面にとろみのコーティングができ、デミグラスソースがより絡んでしっかりとした味を感じられます!特別な日のシチューとしておすすめです。

5. 春キャベツと豚バラのトロトロ煮込み

豚バラ肉を圧力鍋でスープ煮にした、野菜のおいしさを感じることができる煮物です。肉もキャベツもトロトロに柔らかく煮あがるので、キャベツは思った以上にたくさん食べられますよ!仕上がりの食感をそろえるために、肉とキャベツは時間差で煮込んでいきます。召し上がるときには、マスタードで香りをそえてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS