ライター : pomipomi

「簡単・おいしい・美しい」をテーマに料理の研究をしています。YouTubeでは、ヴィーガン・フレキシタリアンに関する動画をアップしています。

余っても安心!切り餅のおいしいアレンジ方法

冬になると食べる機会の増えるお餅。ひとつずつ真空パックに入っている切り餅なら日持ちがするので、この時期は多めに買い置きしているというご家庭も少なくないのではないでしょうか?ところがついつい買いすぎて食べ切れなかったり、同じ食べ方ばかりで味に飽きてしまったり......なんてことも実はけっこうありますよね。 そこで本日は、切り餅をちょっぴりアレンジしておいしく食べる方法15選をご紹介。意外な食べ方や驚きのレシピが次々と登場するので、おうちに余っているお餅がある方はぜひご参考にどうぞ♪

切り餅の意外な食べ方10選

1. 油で揚げておろし汁に

切り餅を油で揚げたら、出汁の効いたおつゆの中にドボンと投入しちゃいましょう。仕上げに大根おろしをたっぷりと加えれば、体が温まるほっこりお椀が一丁上がりです。大根おろしのさっぱり感と、揚げ餅のサクサク感がなんとも絶妙なハーモニー。これ一杯で朝食にも夜食にもなりそうな食べ応えのあるひと品です。

2. レンジでチンしてバター餅

レンジでやわらかくした切り餅にバター、卵黄、砂糖、塩を加えてしっかりとこねこね。お好みの形にカットして片栗粉をまぶしたら、もっちもちのバター餅ができあがりです。噛むごとに感じるほのかな甘みと、鼻から抜けるバターの風味はついつい後を引く味わい。つきたてのお餅のようなやわらかい食感です。

3. トースターで焼いて餅ピザ

切り餅を薄くスライスして四角く並べたら、ピザソースを塗って具材やチーズを好きなようにトッピング。あとはオーブントースターで軽く焼けば、あっという間にお餅がピザに大変身しちゃいます。1人前なら切り餅3つでちょうどいいサイズ感。ひとりランチや、休日のブランチにもおすすめですよ。

4. フライパンでとんぺい焼き風

フライパンで焼いた切り餅に溶き卵を流し込み、全体がまとまったらソースとマヨネーズで味つけをします。まるで大阪のとんぺい焼きを思わせる、ボリューミーで豪快なひと品は、育ち盛りのお子様や腹ペコの男性にもウケがよさそうなパンチ力です。豚肉をプラスすればさらにがっつり感がアップ!

5. 炊飯器で甘酒に

お鍋で煮溶かした切り餅を、麹と一緒に炊飯器に入れて6時間ほど保温します。するとあら不思議、とっても簡単に自家製の甘酒が完成しちゃうという裏技です。そのまま飲むのはもちろん、料理やお菓子作りの隠し味としてちょい足ししてもOK。きちんと作れば1ヶ月ほど日持ちがするそうです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ