白玉粉との違いも必見!「上新粉」の お菓子とおかず人気レシピ。

和菓子のレシピなどによく登場する「上新粉」。どんな粉なのかご存知ですか?上新粉の特性や使い道、活用レシピなどを知っていれば料理の腕もワンランクアップ!白玉粉やもち粉など、ほかの米粉との違いや上新粉がないときの代用方法をご紹介します。おやつからおかずまで人気レシピも要チェック!

2019年11月25日 更新

上新粉とは?白玉粉や米粉、もち粉との違いは?

上新粉とは、私たちが普段食べているお米(うるち米)を原料にした、米粉のひとつです。名前は「上等で新しい粉」から由来し、歯切れのよいもちもち食感が特徴。粉をお湯で練り杵などでついてから蒸し、ひと口サイズに成形する調理法が一般的です。柏餅、月見団子、ういろう、かるかんなど、多くの和菓子の材料として使われています。

米粉とは?

上新粉は米粉の一種ですが、一般的に「米粉」として流通しているものは、上新粉よりもきめ細かい仕上がりになっています。そのため、グルテンフリーのお菓子やホワイトソース作りなど、小麦粉の代用として使われることが多いです。パン作り用の米粉にはグルテンが添加されている場合があります。

白玉粉とは?

原料はもち米です。冷たくしても固くならないのが特徴で、やわらかくなめらかな食感になります。白玉粉に水を加えて混ぜ、成形し、お湯でゆでる調理法が一般的です。

もち粉とは?

白玉粉と同様、原料はもち米ですが、製法が異なります。白玉粉よりもきめ細かい仕上がりになるので、ぎゅうひなどの薄い皮状のおもちを作りたいときに便利です。

だんご粉とは?

うるち米ともち米を配合して作られたものです。むっちりと歯ごたえのある団子を作りたいときにおすすめ。

上新粉がないときの代用方法

白玉粉で代用

上新粉と白玉粉は「米」が材料という共通点以外、特徴や調理方法がまったく違います。白玉粉の原料は弾力のある「もち米」、上新粉の原料は、私たちが通常食べる粘り気の少ない「うるち米」です。

上新粉と同じ要領で柏餅などを作ってしまうと、まったく別の食べものができあがってしまいます。もし白玉粉で作る場合は、白玉粉をすり鉢などでよくすりつぶし、必ず細かくしてから使用してください。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

料理作家 つくり子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう