彩り担当!お弁当に合う「ほうれん草」のレシピ20選

お弁当をおいしく見せるために、色どりは欠かせません。緑が足りないときは、ほうれん草のおかずを入れると、緑がキレイなお弁当に仕上がります。今回は、野菜が苦手なお子さんも食べやすい、ほうれん草のレシピを20件ご紹介!

お弁当にぴったりなほうれん草レシピ

生で食べることが少ないほうれん草をお弁当に使うなら、あらかじめ茹でて冷凍するのがおすすめです。1回分ずつ小分けにしてラップに包んで冷凍保存しておけば、朝の忙しい時間にスムーズにお弁当が作れますよ。

冷凍保存するときは、水気をしっかり絞るのがポイント。加熱調理する際は凍ったまま、お浸しやナムルなどにする際はレンジで数10秒解凍してから調理しましょう。

レンジで簡単!ほうれん草のお弁当おかず5選

1. レンジで1分!ほうれん草入り卵いなり

いなり寿司用に味付けした油揚げに、ほうれん草と卵などを流し込んで作るおかずレシピです。加熱はレンジだけなので、お鍋などを使わずに作れるのが助かりますね。油揚げは甘辛く味付けしてあるので、卵液は調味料不要。

見た目もキレイなおかずは、お弁当箱を開けた時にぱっと目に留まりますね。

2.ほうれん草のココット

小さな器に野菜や卵が入ったココットは、お弁当おかずにぴったり。ココットに材料をどんどん入れていくだけなので、ボウルなども必要ありません。ほうれん草が苦手なお子さんも、チーズや卵が一緒ならぱくぱく食べられそう。

レンジにかけるときは、卵黄が破裂しないように楊枝で数か所穴をあけるのがポイントです。

3. 和えるだけでOK!ほうれん草の簡単ナムル

冷凍ほうれん草があれば、ナムルも5分で作れます。レンジで解凍している間に調味料を用意しておくと、スムーズに作れますよ。ニンニクの風味が効いた味付けなので、お弁当の箸休めにあるとうれしいおかずです。

ほうれん草に水気があるとほかのおかずにしみてしまうので、解凍したときに出た水分は、しっかり絞っておきましょう。

4. サラダほうれん草の卵とじ

生で食べられるサラダほうれん草を使った、お弁当おかずのレシピです。市販の魚揚げに卵とほうれん草を絡めてレンジでチンするだけなのに、お鍋で煮たような仕上がり。お弁当に入れるなら、卵は半熟よりも固めに火を通すのがおすすめですよ。

白だしで味付けしているので、白いごはんにもぴったりです。

5. ほうれん草とじゃこのじゃがおやき

つぶしたじゃがいもにほうれん草とじゃこを混ぜて焼きました。ほくほく食感で栄養満点!野菜嫌いのお子さまでも食べやすい、やさしい味わいが特徴です。

子供が喜ぶ◎ ほうれん草のお弁当レシピ5選

6. ほうれん草とコーンのソテー

ほうれん草独特の苦みが苦手、というお子さんは、甘いコーンと組み合わせたソテーがおすすめ。色もキレイでお弁当がぱっと明るくなりますよね。お弁当の隙間にちょこっと入れると色どりが良くなるので、いつものお弁当がさらにおいしそうに見えますよ。

お好みで、ウインナーやベーコンを加えるのも良いですね。仕上げの醤油は、入れすぎると色が悪くなってしまうので、加減してくださいね。

7. ほうれん草とウズラのカップ焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう