豆乳鍋におすすめの具は?

最近、定番となりつつある豆乳鍋。スープはあっさりしていながら、味付け次第でしっかりとコクのあるスープになるため、満足感も得られます。豆乳ベースなので和風にも洋風にもアレンジでき、しめも幅が広がりますね。気分や余った食材などによって、最後まで楽しめる鍋として人気です。

この記事では、定番の具材から少し変わった具材まで、豆乳鍋にぴったりな食材をご紹介します。豆乳鍋が大好きな方も、馴染みがない方も知って満足なものをピックアップ。また、しめのアイデアレシピもぜひご覧あれ!

豆乳鍋に入れたい基本のおすすめ具材11種

豚肉

※画像はイメージです
あっさりスープが豚肉にしっかり染み込み、さらに豚肉の脂がスープにコクをプラス!なんとも相性抜群な組み合わせです。

豚肉はロースやバラ肉など好みの部位でOK。お手頃価格のこま肉でも良いですよ。しゃぶしゃぶ用のような薄切りを使うと食べやすいです。しめにも加えると、しっかり味をつけてくれますよ。

鶏肉

鶏肉は、むね肉・もも肉どちらも豆乳鍋に合います。スープのやさしい味と、鶏肉の旨みがぴったりです。うどんと鶏肉の相性は抜群なので、しめにも加えてみてはいかがでしょうか?

豆腐

鍋に欠かせない豆腐は、同じ大豆から作られる豆乳鍋にもぴったりです。しっかりとスープを染み込ませるのがおすすめです。存在感のある木綿豆腐、なめらかな口当たりの絹豆腐と好みで使い分けてくださいね。崩れやすいので、鍋の端で温めると良いですよ。

えのきだけ

えのきだけ食感と豆乳鍋のまろやかな味わいがぴったりです。シャキシャキとした食感が存在感抜群です。鍋に入れるとかさが減るので、たっぷり食べられるのも魅力。クセのないえのきだけは、幅広い年代に好まれますよ。

しめじ

一年を通して手に入りやすいしめじは、鍋具材の定番。お手頃価格で購入できるのもポイントですね。石づきを取ったら、食べやすい大きさにほぐして加えましょう。あっさりとした豆乳鍋のスープに風味をプラスしてくれますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ