もう迷わない♩定番から変わり種まで豆乳鍋に入れる具材はこれで決まり!!

最近定番化してきた豆乳鍋ですが、ちょっと変わった鍋なので具材に迷う方もいるかもしれません。今回は、豆乳鍋に馴染みのない人も、リピーターの人も参考にできるぴったりの具材をご紹介します。意外な組み合わせで、いつもとは違う豆乳鍋も楽しめますよ!

豆乳鍋におすすめの具は?

最近ヘルシー鍋として定番になってきている豆乳鍋。馴染みのない人はあまり想像がつかないかもしれませんが、スープはとてもあっさりめ。ですが、味付け次第でしっかりとコクのあるスープになるので、満足感も得られます。豆乳ということで、和風にも洋風にもアレンジできるため、しめの料理も幅が広がりますね。その時の気分、残った食材などに合わせて内容が変えられ、最後まで楽しめる鍋です。

そんな豆乳鍋ですが、みなさんはどんな具材を入れていますか?今回は、定番の具材から、少し変わった具材まで、豆乳鍋にぴったりな食材をご紹介します。豆乳鍋が大好きな方も、馴染みがない方も知って満足なものを集めてきました。また、しめのアイディアレシピも併せてご紹介します。ぜひご覧あれ!

豆乳鍋に入れたい基本のおすすめ具材11種

豚肉

あっさりスープが豚肉にしっかりしみ込んで、さっぱりとした口当たりです。さらに、豚肉の脂がスープにコクをプラス!なんとも相性抜群な組み合わせです。

ひと口サイズから、少し大きめのサイズに切って食べるのがちょうどいいですよ。しめのうどんに入れても、食べやすいのでおすすめです。豚肉のおかげでスープにコクも出ているので、うどんにしっかり味をつけてくれますよ。

鶏肉

ヘルシーに食べたいときは、鶏肉がぴったりです。胸肉、モモ肉どちらでも、柔らかく美味しく食べることができます。スープの優しい味と、鶏肉の旨味がぴったりです。元々、うどんと鶏肉の相性は抜群ですが、豆乳鍋のしめのうどんにも文句なしの相性ですね。

豆腐

同じ大豆から出来ている食材なので、合わないわけがありません。鍋に欠かせない豆腐は、豆乳鍋にもぴったりです。しっかりとスープをしみ込ませて食べるのがおすすめです。しめのうどんの具材に使う場合は、木綿豆腐か絹ごし豆腐かでも少し変わってきます。大きすぎると食べにくい可能性があるので、少しつぶしたり、小さくして食べるとよいかもしれません。

えのき

鍋に欠かせないえのきは、豆乳鍋でも大活躍な食材です!えのきの食感と、豆乳鍋の優しい味がぴったりで、取り合いになるくらいの美味しさです。しめのうどんの具材としても最適でしょう。見た目は麺に混ざってさりげない存在感。しかし、食べると食感が現れ、存在感もばっちりです。

しめじ

しめじは季節問わず販売していて、価格の面でもお財布にとても優しいです。そしてボリュームもあるし、見栄え的にもお鍋に欠かせない、そんな食材ですよね。少し苦みがあるのが特徴的ですが、気にすることはありません。豆乳鍋のスープはあっさりしていることが多いですが、スープをしっかり含んで、美味しくいただくことができます。しめのうどんに入れても、見栄えも味も満足な食材でしょう!

ネギ

ネギもまた、お鍋には欠かせない食材です。あまり、料理を選ばない食材でもあるので、もちろん豆乳鍋でも大活躍!とろとろに煮込んでも、少し食感を残しても、豆乳鍋のスープと一緒に美味しくいただけます。メインではないけれど、陰ながらお鍋を支える食材です。

しめのうどんには、もちろん欠かせません。ネギの緑で色合いもきれいになります。ネギの風味はあっさりスープにもぴったりです。

厚揚げ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう