意外と合うぞ!変わりダネ具材3選

キムチ

ピリッと辛いキムチと、豆乳のまろやかさが意外にもマッチ!キムチが苦手という人でも食べやすい、逆に豆乳が苦手という人でも食べやすい、良いとこ取りになりそうです。しめのうどんの場合も、キムチの細かく切られた具材もちょうどよく、美味しく食べることができますね。

白身魚

白身魚は淡白で、味もそんなに主張しないので、比較的アレンジしやすい魚でもあります。そして、身が柔らかいので、スープがでよく染み込んでくれますよ。しめのうどんに入れる時は小さく切ったものを入れるとよいでしょう。

レタス

レタスはサラダなど生で食べるイメージが強いかと思います。そんなレタスを鍋に入れるのは意外かもしれませんが、レタスを料理に使い、火を通しても美味しく食べることができます。豆乳のスープで柔らかくなったレタスは、癖になりますよ。しめのうどんに入れても、問題なし!麺にさりげなく紛れつつ、スープを口に運んでくれます。

豆乳鍋のしめにおすすめ!アイデア

雑炊

豆乳鍋のしめに!まずは雑炊です。残りのスープにごはんを足します。さまざまな具材の旨味が出ていて、味はしっかりの仕上がりになりますよ。チーズやすりごまなどをトッピングに入れてみると、味が変わらず飽きずに食べられます。

うどん

豆乳鍋のしめにうどんもおいしい。うどんに豆乳の組み合わせは想像がつかない…… という方も多いかもしれません。しかし、意外にも合いおいしく頂けます。豆乳鍋の味付けにもよりますが、意外にも和風洋風どちらにも合うので、ぜひお試しください。

カルボナーラ

豆乳のしめに!最後はパスタです。豆乳で作るカルボナーラは、今では結構メジャーになっていて、レシピも多く存在します。少し手間を加えて、豆乳鍋の残りスープでカルボナーラを作ってみましょう♩ 鍋の具材の旨味もたっぷり含んでいるので、濃厚なひと品になりますよ!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ