7. あんかけ風!えんどう豆とトマト入りの他人丼

つゆはかつお節で出汁を取って調味し、玉ねぎとミニトマトは、にんにくみじん切り入りの油で炒めるという手の込んだレシピ。多めの煮汁に片栗粉でとろみをつけ、溶き卵でとじるので、つゆだくのあんかけ状態になります。トマトの赤と卵の黄色、えんどう豆の緑がきれいな他人丼です。

8. 大葉がいいアクセント!ミョウガ入りの他人丼

刻み大葉がのっている以外、普通の牛肉入り他人丼に見えますが、定番の玉ねぎを使わず、ミョウガで代用しているのが特徴的です。ミョウガ独特の風味とかすかな苦み、大葉の爽やかな味わいが意外と牛肉にマッチ。食べごたえがありながら、さっぱりしているのでいくらでもいただけます。

9. 関東では開化丼と呼ばれていた!? 他人丼

明治になって玉ねぎ栽培がはじまり、牛肉の食文化が根付くと、ふたつを合わせた丼物を関東では、「文明開化」にちなんで開化丼と呼んでいました。つまり関西でいうところの他人丼と開化丼は同じもの。牛バラ肉と玉ねぎ、白だしベースの甘いつゆと溶き卵で作る、定番の他人丼レシピです。

10. 春野菜を使って作る!すき焼き風の他人丼

他人丼の定義は牛肉と玉ねぎ、卵でとじる丼物のことですが、温泉卵や半熟卵のほうが好き、という人にはこのレシピがおすすめです。新玉ねぎと春キャベツ、しらたきを甘辛い醤油ダレで煮込み、温泉卵をのせている他人丼風のアレンジ。春以外は普通の玉ねぎとキャベツを使ってください。

肉を使わないで作る他人丼の人気レシピ

11. いつでもパパっと作れる。鮭フレークの他人丼

肉の代わりに油揚げを使用し、卵でとじる他人丼風も人気なので、具材に魚を使ってもOK♪ 普段なかなか使いきれない鮭フレークと長ねぎを使って、溶き卵でとじてみましょう。火が通っているフレークなので煮る時間が短くて済み、お腹がすいたときにパパっと作れるため便利ですよ。

12. 白身魚であっさりした味わい!アカの他人丼

肉ではなく魚を使った他人丼ということで、「アカの他人丼」というネーミングがおもしろいですね。白身魚で作ると、牛肉や豚肉よりもあっさりした味わいになります。溶き卵をとろりと仕上げるポイントは、火を止めるタイミング。卵が半分ほど固まったら、そこで火を止めてください。

特集

FEATURE CONTENTS