ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

にんにくの賞味期限、いつまで?

にんにくを料理に加えると、風味がアップしてとてもおいしいですよね。にんにくを常備しているご家庭もあるでしょう。そんなにんにくの賞味期限は、いつまでなのでしょうか?また、食べられないにんにくの見分け方はあるのでしょうか?

この記事では、にんにくの賞味期限について、野菜ソムリエが解説します。おいしく食べられる期間を知って、料理に上手く活用しましょう。

生のにんにくの賞味期限

賞味期限

生のにんにくを常温で保存した場合は、賞味期限の目安は2〜3週間程度です。

保存方法

生のにんにくを上手に保存するためには、ネットを使いましょう。にんにくを皮付きのまま、ネットに入れて風通しの良い場所に吊るしておきます。この保存方法であれば、2週間〜1ヶ月程度保存が可能。ただし、梅雨時期や夏場は湿度や温度が高くなるため、冷蔵か冷凍での保存をおすすめします。

冷蔵庫に入れたにんにくの賞味期限

賞味期限

冷蔵庫でにんにくを保存した場合は、賞味期限の目安は1〜2ヶ月です。

編集部のおすすめ