カットにんにくの賞味期限や保存方法は?

カットしたにんにくや、すり下ろしたにんにくが余った際にはどのように保存すればよいのでしょうか?また、賞味期限はどのくらいなのでしょうか?詳しくご紹介していきましょう。

スライスしたにんにく

スライスしたにんにくは空気に触れることを防ぎましょう。ラップでしっかりと包み、冷蔵保存や冷凍保存ができます。冷蔵庫の場合は3日程度、冷凍庫であれば1ヶ月が賞味期限の目安です。

すり下ろしたにんにく

すり下ろしたにんにくはプラスチック容器などに入れて冷蔵保存ができます。ただしこの場合には長持ちしませんので、2日程度を賞味期限の目安にしましょう。

すり下ろしたにんにくは、冷凍保存をするのがおすすめ。ラップに包んだおろしニンニクをフリーザーバックに入れて冷凍しましょう。冷凍した場合には1ヶ月程度が賞味期限の目安です。

にんにくをすりおろす際にアルミや鉄製のおろしがねを使用すると、にんにくが緑に変色してしまうことがあります。食べる分には問題ありませんが、見た目が気になる方は注意しましょう。セラミックまたは陶器の器具を使用することで変色を防ぐことができます。

にんにくの風味は保存中に変わらないの?

にんにくは、風味が一番重要な食材です。保存することによって新鮮さが損なわれ、風味が落ちてしまうのでは、と心配な方もいるでしょう。正しく保存すれば、風味が大きく損なわれることはありません。賞味期限を過ぎると少しずつ風味が損なわれますので注意しましょう。

にんにくの中心が緑になっている場合

にんにくをカットすると、中心部分が緑色になっていることがあります。これは一般的ににんにくの芽と呼ばれるもので、食べることができるのです。ただし、芽の部分は焦げやすいため調理する際には注意しましょう。
▼芽が出てしまった場合は?

オリーブオイルを使った保存方法

にんにくは単体で冷蔵保存や冷凍保存をすることができますが、オリーブオイルを使う方法もあります。オリーブオイルを使った保存方法だと、賞味期限は冷蔵庫で1ヶ月程度です。 オリーブオイルを使って保存する際は、まず、みじん切りやスライスしたにんにくを清潔な瓶に入れます。そこに、にんにくが隠れるまでオリーブオイルを入れるだけ。お好みに合わせてハーブなどをプラスしても良いでしょう。 こちらの方法で保存したにんにくは、単体で保存したにんにくと同じように使うことができます。お魚をソテーする際やお肉を焼く際などにも重宝しますよ。パスタを作る際にもぴったり。あらかじめにんにくをカットしてオリーブオイルに漬けておけば、使いたいときにすぐ使うことができますね。 使う際は、濡れたスプーンなどを入れるとカビが生えることがありますので、水気のないスプーンを使って取り出しましょう。もちろん、漬けているオリーブオイルも使用可能。オリーブオイルにもしっかりとにんにくの香りが移り、調理に用いた際の風味がアップします。

編集部のおすすめ