生クリームの賞味期限、未開封だと何日持つ?おすすめ保存方法も知りたい!

賞味期限が切れてしまった生クリーム…。もったいないから使いたいところですが、乳製品だしすぐ腐りそうで使って良いのか、食べていいのか迷ってしまいますね。そんな気になる生クリームの賞味期限と保存方法についてお教えします!

2017年11月22日 更新

賞味期限の切れた生クリーム

ケーキ作りやお菓子作りでちょっとだけ必要となり、買ってみた生クリーム。ビーフシチューの仕上げに使ったりなど、必ずしも必要というわけではないものの、生クリームがあることで料理がより一層おいしくなったり、本格的な味わいになったりしますよね。ですが、泡立てて使ってみたものの、半分以上が余ってしまい、どうしよう。コーヒーにものせたり、フルーツに添えたり、使い切ろうとしている内に賞味期限が切れてしまった、そんな経験ありませんか?

そもそも賞味期限とは

そもそも賞味期限とはメーカーが保証する「未開封の状態で、指定された保存方法で保存した場合においしく食べられる期限」。比較的保存が効く加工食品などに設定されています。そのため、賞味期限が過ぎた=食べられない、というわけではなく、いつまで食べられかは保存状態や個人の感覚に判断が委ねられているのです。それでは、賞味期限が切れてしまったらすぐに食べられないのでしょうか。どのように見極めればよいのでしょうか。

生クリームの賞味期限は1週間程度

生乳または牛乳から取り出された”乳脂肪のみ”を原料としたクリームで乳成分が18%以上のものを「生クリーム」と呼びます。生乳を分離して脂肪分が多い部分を取り出したものを指し、乳脂肪分が多いので独特の香りと濃厚さがあり、少しトロッとしています。
これら「生クリーム」のほとんどは、賞味期限は未開封の場合で約1週間程度です。紙パック入りの牛乳とほぼ同じぐらいの期限が設けられています。また、中でも「純正 生クリーム」と表記されているものは安定剤や保存料などの添加物が一切使われていませんので、賞味期限後に食べることはおすすめしません。

フレッシュの賞味期限

一方、生クリームと見た目が似ていてる「フレッシュ」。喫茶店や家ででコーヒーに入れるポーションミルク「コーヒーフレッシュ」がそれに当たります。粉末タイプと液体タイプがありますね。
フレッシュは乳脂肪を主原料とする生クリームと混同されがちですが、実は、市販されているほとんどの商品の主原料は”植物性脂肪”です。牛乳や生クリームは一切入っておらず、乳製品ではありません。また保存料や安定剤も使われているため、フレッシュは常温で保存ができ、一般的には数ヶ月の賞味期限が設定されています。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう