余っても大丈夫!生クリームを冷凍保存するときのポイントと解凍法

すぐに傷んでしまいそうな生クリームですが、実は冷凍保存が可能なんです!今回は、生クリームの正しい冷凍方法や、冷凍保存するメリット、さらには解凍した生クリームを使ったおいしいレシピなどを紹介いたします。

生クリームの賞味期限って?

スイーツ作りには欠かせない生クリーム。市販の生クリームはすぐに使い切らなくちゃいけないと思っている方も多いのではないでしょうか。「いやいや、生クリームって結構賞味期限長いよ」なんて思っている方もいるかもしれませんね。たしかに未開封の生クリームはそれなりに日持ちしますが、開封してしまうと一気に劣化が進み、2~3日で使い切らないといけなくなってしまうんです。そんな立て続けにケーキなんて作らないし、使い切るなんて不可能だよ、なんて途方に暮れてしまいますよね。

ところが、生クリームは冷凍保存ができちゃうんです。冷凍しておけば1ヶ月程度は大丈夫なので、これで慌てて使い切る必要がなくなりますよ。ここでは、生クリームの正しい冷凍保存の方法や、生クリームを使った簡単なレシピなどを紹介いたします。

生クリームは冷凍保存が可能

残った生クリームはどうしていますか?入っていたパッケージの口をしっかり閉じ、念のためパッケージごとビニール袋に入れるかラップで包んで冷蔵庫へ。そういう方が大半ではないでしょうか。ですが、そんなことをしても生クリームの劣化は止まりません。つまり、2~3日で傷んでしまうんです。

そこでおすすめするのが「冷凍保存」です。え?生クリームって冷凍できるの?と驚く方もいるかもしれませんね。実はあるコツさえ覚えてしまえば、ちゃんと冷凍保存が可能なんですよ。

生クリームを冷凍保存するメリット

いちばんのメリットは長持ちすることです。正しく冷凍すれば1ヶ月は持ちます。そして、冷凍した生クリームを使うことにより、レシピのレパートリーが広がることです。コーヒーや紅茶に入れるだけで、またはゼリーやプリンにトッピングするだけで、簡単でかわいく仕上がります。ケーキ作りやお菓子作りが手軽になり、時短にも役立ちますよね。そしてもうひとつ、冷凍した生クリームをそのまま食べると、まるでアイスのようにおいしいんです。こんなお手軽なスイーツはないですよ。常備しておけば急な来客やパーティにもぴったりです。

冷凍保存するときの方法3選

1. タッパーに入れる

次回、ケーキを作るなど、解凍した生クリームを一度に全部使いきる場合には、タッパーに入れて冷凍保存する方法が便利です。まず、砂糖を入れた生クリームを泡立て、ホイップクリームを作ります。できたホイップクリームをタッパーに移し、ふたを閉めて冷凍庫に入れるだけです。必ず密封容器を使用してください。密封容器がない場合は密封のビニール袋でも大丈夫です。

2. シリコントレーで保存

ITEM

IKEA(イケア) アイスキューブトレイ

サイズ:18×18×2.5cm カラー:グリーン、ピンク、ターコイズ

¥300〜 ※2018年6月20日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
タッパーを使用する場合と同様に甘いホイップクリームを作ります。好きな形のシリコントレーを用意し、その中に絞り袋で丁寧にホイップクリームを絞り入れます。今はいろいろな形のトレーが売っているので、かわいい形の冷凍ホイップクリームができます。色をつけたホイップクリームを使ったり、チョコレートや苺ジャムなどのデコレーションを埋め込んで作るとさらにかわいくなります。

3. 絞り袋であらかじめ絞っておく

ITEM

田中糧機製作所 絞り袋

内容量:50枚

¥1209〜 ※2018年6月20日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
タッパーで冷凍する場合と同様に、砂糖を入れて作ったホイップクリームを絞り袋に入れます。バットなど平らなものの上にクッキングシートを広げ、好きな形や大きさでホイップクリームを絞り出します。デコレーションを埋め込みたい場合はここで埋め込んでおきます。そのまま冷凍庫に入れて凍らせます。凍ったら袋やタッパーなどにまとめて入れても大丈夫です。お菓子に添えたり、コーヒーや紅茶に入れたりするのにおすすめの方法ですよ。
▼泡立て器がなくても生クリームが作れるコツはこちら

冷凍保存の際の注意点やポイント

必ずホイップしてから冷凍

特集

SPECIAL CONTENTS