余っても大丈夫!生クリームを冷凍保存するときのポイントと解凍法

すぐに傷んでしまいそうな生クリームですが、実は冷凍保存が可能なんです!今回は、生クリームの正しい冷凍方法や、冷凍保存するメリット、さらには解凍した生クリームを使ったおいしいレシピなどを紹介いたします。

2019年6月21日 更新

必ず泡立ててから冷凍

生クリームを冷凍するときの最大のポイントは、必ず泡立ててから冷凍することです。泡立てずにそのまま冷凍してしまうと油分と水分が分離してしまうからです。分離してしまった生クリームはもう泡立てることはできません。なので必ず泡立ててから冷凍しましょう。ただし、カレーやパスタなど、ふわふわ感を必要としない料理に使うのであれば液体のまま保存しても大丈夫です。

取り出しやすい形で冷凍

一度解凍してから使う場合は問題ありませんが、冷凍のまま使いたい場合には、取り出しやすい容器で冷凍させる必要があります。おすすめなのはシリコントレーです。プラスチックの製氷皿と形は似ていますが、シリコントレーは凍ったものでも後ろから簡単に押し出すことができますよ。プラスチックの製氷皿だと、ひねるか、叩くか、乱暴な出し方になってしまうので、凍ったクリームが壊れてしまうかもしれません。そうならないためにもシリコントレーを選ぶとよいですね。

菌が繁殖しないよう容器は綺麗なものを

生クリームは雑菌が繁殖しやすい食材ですから、衛生面には特に注意が必要です。雑菌が繁殖しないように熱湯消毒した容器を使うなど、清潔なものを使うように心掛けたいですね。また、シリコントレーを使う場合、一度にすべてを使い切らない場合、取り出しに時間がかかってしまうと、その間に解凍された部分が再冷凍状態になってしまうのも心配です。取り出すときは素早く済ませるか、一度に使い切れる大きさのトレーを選ぶとよいですよ。

色をつけるときは冷凍前に

生クリームに色をつける場合は、冷凍する前の泡立てた段階で色をつけておく必要があります。冷凍したあとで色をつけることはできないので注意しましょう。ピンクのクリームを作りたいときにはイチゴジャム、薄紫のクリームを作りたいときにはブルーベリージャム、オレンジのクリームを作りたいときにはアプリコットジャムといったように、ジャムはカラフルなクリーム作りに欠かせません。また、抹茶やココアなどのパウダーを使って色を付けることもできます。
3 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう