醤油の賞味期限切れは捨てなきゃダメ?未開封と開封後の期限の違い!

調理だけでなく、お刺身や卵掛けご飯など、日本人に欠かせない調味料の醤油。この醤油の賞味期限は切れたら使えないのでしょうか?醤油の正しい保存法や長持ちのコツは?など、醤油に関する様々な疑問にお答えします。

醤油の賞味期限切れたらもう使えない?

日々の調理に欠かすことができない醤油。焼き魚、煮物、卵焼き、お刺身など・・・醤油を使わない日がないと言っても言い過ぎではないですよね。

そんな醤油ですが、まだまだ使えると思っていたところ、いつのまにか賞味期限が切れていた……なんていう経験はありませんか。そもそも醤油の賞味期限はどれぐらいが一般的なのでしょうか。賞味期限が切れた醤油はどうすれば良い?など、醤油をうまく保存・活用するための情報をまとめてみました。

醤油の賞味期限

醤油の賞味期限は、未開封の場合と開封後で大きく異なります。一般的に、パッケージやボトルに表記されている賞味期限は未開封の場合の期限です。醤油は古くから保存調味料として使われてきただけあり、未開封時であれば長期保存が可能です。それでは、具体的な賞味期限を見ていきましょう。

未開封時

未開封時の賞味期限は2年程度と言われています。ですが、こちらはあくまで目安のため、必ず開封した際はニオイなどを確認するようにしましょう。また、なるべく高温・多湿の場所を避けて保存するようにしたいですね。

開封後

開封してしまった醤油の賞味期限は常温保存なのか、冷蔵保存なのか、といった様々な要因により大きく異なります。そのため、一概に「〇日以内」と述べることはできません。可能であれば1ヶ月以内で使い切るようにしましょう。

醤油は空気に触れることによって風味が落ち、さらには酸化も進みます。香りや風味も少しずつ劣化してくるため、やはり早めに使い切ることをおすすめします。

また、開封後の保存状態によっては雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。開封した後はできるだけ早く使うことを意識しましょう。

賞味期限が切れても使える!

醤油は古くから保存用の調味料として親しまれてきただけあって、賞味期限が過ぎてもすぐに処分しなければならないわけではありません。ですが、保存状態によって、どの程度まで使えるかは異なってきます。なるべく涼しい場所や直射日光の当たらない場所で保管しておきましょう。

上記のような環境下で保存していたのであれば、賞味期限が切れた後も数ヶ月間は使うことができます。ただし賞味期限後に使用する際は、必ず味やニオイを確認するようにしてください。

賞味期限の切れた醤油の使い道

前述の通り、醤油は賞味期限が切れても使うことができます。とはいえ、賞味期限が切れた醤油は多少なりとも香りや風味が落ちています。そのため、お刺身やドレッシングなどそのままの状態で使うことはあまりおすすめできません。

煮物や炒め物、炊き込みご飯の味付けなど、加熱をする料理の味付けに使うようにしましょう。佃煮などに使うのも良いですね。

頑固な油汚れを落とす

醤油には油汚れを落としてくれる作用があります。賞味期限の切れた醤油をスポンジなどにしみこませて、油汚れが気になるレンジ周りやお鍋をこすりましょう。汚れが落ちたら醤油のついた部分をお湯で流せば、とてもきれいになります。べたつきも気にならなくなりますよ。

仏具や硬貨をきれいにする

1リットルのお水またはぬるま湯に対し、250ccの醤油を加えて汚れの気になる仏具や硬貨をきれいにしましょう。

2時間から3時間程度薄めた醤油につけておきます。その後、取り出して水気を切り、きれいなスポンジなどで表面を軽くこするだけで汚れがきれいに落ちます。醤油には酸化してしまった銅の成分を溶かす作用がありますので、仏具や10円玉をはじめとする硬貨がピカピカになるのです。

白いカビのようなものが見えたら

醤油は大豆を発酵させて作っているため、酵母菌がたくさん含まれています。この酵母菌が結晶化すると、醤油の中に白い塊がカビのように発生してしまうことがあります。

白い塊ができてしまうとカビが生えたと思って、すぐに捨ててしまう方もいるでしょう。しかし、実際はカビではなく、上酵母菌が固まったものなので、お料理などに使っても体に悪影響はありません

とはいえ白い塊ができてしまった醤油は風味が著しく低下しているため、お寿司やお刺身など生の状態で使うのではなく、煮物や炒め物など加熱してから使うようにしましょう。

また、カビのように感じて気になるときは、ザルで濾すなどの方法で取り除くことができます。開封した醤油を常温保存していると、短期間で白い塊が目立ってしまうこともあるので、適切な保存方法で醤油を使いましょう。

開封後は冷蔵保存

近年では醤油が入っている容器そのものに工夫があり、開封した後も空気に触れず酸化を防いでくれるような商品が販売されています。しかし、こういった醤油は量の割に値段が高いこともしばしば。頻繁に使う醤油の場合はある程度の容量が入っているものが良いですよね。

一般的に、醤油は容器や種類にかかわらず、開封後は冷蔵保存が推奨されています。

常温で保存すると醤油の酵母菌が固まって結晶化してしまうだけでなく、醤油がどんどん酸化してしまいます。でも、冷蔵庫で保存すれば、賞味期限を過ぎてもある程度はおいしく使うことができるのです。開封した醤油は冷蔵庫に入れましょう。

開封後に冷蔵保存した場合、1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。未開封の場合は冷蔵庫などに入れず、常温保存で2年程度はおいしく使うことができますよ。

一度開封してしまった醤油のボトルには使う度に空気が入り込み、醤油を酸化させてしまう原因になります。カビや雑菌の繁殖を防ぐためにも冷蔵庫で保存する方が良いでしょう。

特集

SPECIAL CONTENTS