ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

どんな効果がある?醤油麹とは

Photo by Uli

醤油麹にはタンパク質を分解する効果があり、肉や魚を漬けるとやわらかくしっとりと仕上がります。さらに醤油と米麴で作る醤油麹は、まろやかな甘さと奥深いコクが特徴。醤油麹の濃厚な旨味が食材のおいしさを引き出し、料理の味に奥行きがうまれます。

醤油麹の基本の作り方

Photo by Uli

調理時間:5分(※熟成させる時間は含みません)

室内でゆっくり熟成させる醤油麹の作り方です。清潔な保存容器と米麴、醤油があればすぐに仕込むことができます。米麴が醤油を吸って、だんだんとやわらかくなっていく様子を観察するのも楽しいですよ。

材料(できあがり量:約500~600g分)

Photo by Uli

・米麴(乾燥)……200g
・醤油……300~400cc

作り方

1. 米麴と醤油を混ぜる

Photo by Uli

米麴と醤油を清潔な保存容器に入れ、しっかり混ぜ合わせます。

2. 1日1回かき混ぜる

Photo by Uli

ふたをして直射日光の当たらない室内に置き、1日1回ざっくりと空気を含ませるように混ぜます。米麴が醤油を吸って表面が乾燥してきたら、醤油を50~100cc足します。

3. 1週間ほど繰り返す

Photo by Uli

1週間ほど1日おきに混ぜる作業を繰り返します。米麴の粒が潰れるほどやわらかくなったら冷蔵庫で保存します。

※醤油麹の完成時期は室温によって変わってきます。夏は5日間ほど、冬は10日間以上かかる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ