ライター : mikki_no

3児の子育てに追われながら日々アンテナを張りめぐらせ中。“新しいこと・もの”を追いかけるのが趣味。

塩麹を料理に使うメリット

お肉がやわらかくなる効果

米麹と塩と水を混ぜ、発酵させたものが万能調味料の塩麹。このなかに含まれる酵素がたんぱく質を分解してくれるため、お肉やお魚をやわらかくしてくれます。同時に下味もつくので、漬け込む調理法はとくにおすすめ。

旨みを引き出してくれる効果

塩麹のなかに含まれている酵素には、食材の甘みや旨みを引き出してくれる効果も。塩麹を使えばお肉やお魚はもちろん、野菜のおいしさがUPします。漬けるだけでなく、炒め物や煮込み料理などさまざまな調理法で使える点もメリットのひとつ。

【鶏肉】塩麹を使った人気レシピ7選

1. 塩麹の唐揚げ

塩麹とお酒におろしにんにくで作る、シンプルな塩唐揚げのレシピです。塩麹効果で旨みが増して、お肉もやわらかくジューシーに。二度揚げすることで表面がカリッと香ばしく仕上がります。お弁当のおかずにもいいですね。

2. 塩麹で漬け込んで♪ ふっくら手羽元と野菜のオーブン焼き

手羽元とじゃがいもや数種の野菜とあわせてぎゅうぎゅう焼き風に。手羽元は3時間ほど塩麹に漬けておくので、下味はもちろんお肉もやわらかく仕上がります。野菜もソースもお好みでアレンジして召し上がれ。

3. 塩麹のタンドリーチキン風

スパイシーな香りが食欲そそるタンドリーチキンに塩麹を加えることで、旨みもUP。こちらのレシピは特別なスパイスや調味料いらずでお手軽なだけでなく、フライパンで蒸し焼きにするので簡単です。やわらかくジューシーなタンドリーチキンは、お酒のおつまみにもおすすめ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS