ウイスキーの賞味期限、未開封と開封後でどう違う?劣化を防ぐ保管のコツ!

ハイボールの人気が高まって、幅広くファンがいるウィスキー。瓶に入ったウイスキーはいつまでも飲めそうですが、賞味期限はあるのでしょうか?ウィスキーの賞味期限はいつまで?腐ることはないの?など、ウィスキーがおいしく飲める期限についてご紹介。

近年よく目にするようになったウイスキー

ひと昔前は、ウイスキーは大人の男が飲むもの、というイメージでしたが、近年はハイボールの流行や、テレビドラマの影響などで若い人がウイスキーを飲む機会がが増えてきましたよね。

また、糖質が低いウィスキーは、ダイエット中のひとからはビールよりも好まれているよう。かつては外国のものが多かったウイスキーも、現在では日本のメーかーから多数販売されています。

そんなウイスキー、実家の食器棚などにずっとボトルが入っている、という方もいるのでは?もう何年も置いてあるけど腐ってないのか気になったことがあるひともいるはず。ウイスキーには賞味期限ってないのでしょうか?

ウイスキーのボトルに賞味期限の記載ってあるの?

未開封のウイスキーには賞味期限はない?

実は、ウイスキーに賞味期限は存在していません。それはモルトウイスキーでもシングルモルトウイスキーでもブレンデッドでも関係なく、封を開けていなければ賞味期限は無いものと考えて大丈夫です。

食品表示法でもウイスキーに賞味期限の記載は義務づけられていません。ウイスキーなどアルコール度数の高いお酒は品質が安定しているので、記載の義務がないのです。

古いウイスキーは飲んでも大丈夫?

未開封であり、保存状況がよければ全く問題なく飲めます。ウイスキー愛好家の間では古いウイスキーほど価値が高いとされ、状態のよい年代物が人気です。古いウイスキーは高額で取引されることもあり、ワインと似たような感覚があるんですね。

コルク栓のウイスキーには注意

コルク栓のウイスキーは室温が高いところに保管していると、コルクをしっかりしめていてもウイスキーが劣化し、未開栓でも少しずつ蒸散してしまいます。最後には瓶に半分しか残っていない、なんて可能性もあるので注意しましょう。

また、保存期間が長いと、コルクの臭いがウイスキーに移ってしまう事もあります。賞味期限がないとはいえ、温度と保存期間を気にしながら保管するようにしてくださいね。

ウイスキーもワインのように熟成するの?

ウイスキーもワインのように熟成します。何年もののウイスキー、なんて聞いたことがありませんか?ですが、熟成にもそれぞれ、一番おいしい時期があり、見極めるには専門的な知識と細かい管理が必要なのです。

熟成させるといっても、そのまま放っておくだけではなく、管理や見極めができるブレンダーと呼ばれる人たちが存在します。

ブレンダーは、6年、10年、12年といったふうに一樽一樽の原酒をチェックしながらそれぞれのウイスキーのピーク時期を見極めます。その中で、まだ熟成が進む樽の原酒を見極め、18年、25年、30年ものといった長期熟成の製品が生まれます。

ウイスキーの正しい保管方法とは

ウイスキーは栓を空けた時点から劣化が始まります。ウイスキーは保管場所、空気に触れる回数や面積などによって、劣化の程度が変わってくるのです。

大切なのは、ウイスキーの香り分子を変質させず逃さない事、つまり香りや風味の質を落とさないこと。紫外線や酸素にできる限り触れないように保存しましょう。次に、ウイスキーを飲む頻度によって、異なる保存方法をご紹介します。

頻繁に飲む人は

週2~3回以上飲むという方は、自宅の中でもっとも涼しく、光の届かない場所に置いておきましょう。ウイスキーの箱は光を遮断できるように作られてる事が多いので、毎回飲んだ後は箱に入れておけば、かなりよい状態で保管が出来ます。しっかりと栓を締めるよう気を付けてくださいね。

週一回程度なら

週に1回程度しか飲まないという方も、なるべく自宅の中で涼しく、光が当たらないところで保管しておきましょう。ウイスキーと酸素が触れ合うことを避けるよう気を付けてくださいね。

また、ボトルから空気を抜くことができる、プライベート・プリザーブもおすすめです。2~3回程度、シュッと吹き込むだけでウイスキーの上にガスの層を作れるので、酸素に触れる事がなくなり、ウイスキーの劣化を抑制してくれますよ。

プライベート・プリザーブ

特集

SPECIAL CONTENTS