ライター : yasukichi

ウイスキー検定1級 / アイリッシュウイスキー級 / バーボンウイスキー級

今話題で難関のウイスキー検定1級と特別級のバーボンウイスキー級とアイリッシュウイスキー級の合格認定を保有する3児の父親サラリーマンです。週末の合間を見てBARに通い、記録用とし…もっとみる

ウイスキーの価格帯

ウイスキーは安価なものなら1,000円程度からはじまり、高価なものだと数十万円以上するものまであります。

スーパーや酒屋などでよく並んでいるウイスキーは、ブレンデッドウイスキーで2,000円以下、シングルモルトウイスキーでは4,000円程度が相場です。ウイスキー好きなら、この相場を超えたものを高級ウイスキーとして意識するでしょう。

ウイスキー選びのポイント

原産国

スコッチ(スコットランド)、ジャパニーズ(日本)、アメリカンでは主にバーボン(アメリカ)、アイリッシュ(アイルランド)、カナディアン(カナダ)で造られるウイスキーは「世界5大ウイスキー」と称され代表的です。原産国は、ウイスキーの箱やボトルのラベルに記載されていますよ。

熟成年数

ウイスキーは年数表示がされていなくても、法律で3年(バーボンは2年)以上は樽で熟成されています。熟成期間が長いほどコストがかかり高価になりますが、まろやかで厚みのある味に。熟成年数を重ねることにグレードと価格が上がっていくので、銘柄が決まっている場合は熟成年数を目安にしてみましょう。

原材料

単一の蒸留所(シングル)で大麦麦芽(モルト)を100%使用して造る「シングルモルトウイスキー」と、大麦やトウモロコシなどの穀物(グレーン)製ウイスキーをブレンドした「ブレンデッドウイスキー」があります。シングルモルトは味に個性があって嗜好的、ブレンデッドはまろやかで飲みやすいウイスキーです。

飲み方

ダイレクトに個性を堪能する「ストレート」で飲むのが好きなひとは、シングルモルトがオススメです。「水割」りや「ハイボール」が好きなひとには、飲みやすいブレンデッドが好ましいと思います。時間の経過とともに味の変化が楽しめる「ロック」は、高アルコール度数や熟成の進んだウイスキーとの相性がよいです。

【〜5,000円】高級ウイスキーのおすすめ銘柄3選

1. ジョニーウォーカー「ゴールドラベルリザーブ」

ITEM

ジョニーウォーカー「ゴールドラベルリザーブ」

¥3,938

内容量:700ml アルコール度数:40度 種類:ブレンデッドウイスキー 原産国:スコットランド 原材料:モルト、グレーン 飲み方:水割り、ハイボール

※2020年8月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS