ライター : miyuki_akabane

お酒とラーメンが心の拠り所!たまの休日にはコーヒーでホッとする日もありつつ、やっぱり焼酎が恋しくなるお年頃。

「バタービール」とは一体なに?

映画「ハリーポッター」に登場する名物ドリンク

「バタービール」とは名作小説であるハリーポッターに登場する名物飲料のこと。テレビで紹介されたりしているので名前は聞いたことがある人も多いはずです。 ハリーポッター第三作、アズカバンの囚人にて初めて登場したのが魔法使いのための架空の村、ホグズミード!住民は魔法使いだけで、ホグワーツ魔法魔術学校では3年生になると親の許可証を貰うことで先生の引率の元ホグズミード村を訪れることができるのです。そのホグズミード村の中にある“三本の箒”というお店でハリー、ロン、ハーマイオニーが仲良く乾杯して飲んだのがこのアツアツのバタービール!

ビールだけど、ビールじゃないので子供もOK

バタービールと“ビール“という文言が付いていますがアルコールは一切入っておらず、甘くて子供でも飲むことができるドリンクです。 ジョッキに入った泡立つ不思議なバタービールは魔法使いのためのだけの飲み物と原作ではされており、三本の箒ではジョッキで出てきますが、ホグズミード村では瓶入りの物も打っています。とても甘く、身体の芯から温めてくれる不思議な飲み物なのです。

バタービールの味とは?甘い?おいしい?

見た目はかなりビールっぽいバタービール。バタービールにはホットとアイスがありますがどちらも濃厚な冷やし飴にバターを混ぜたような味でとにかく甘いというのが特徴です。冷やし飴は水あめとショウガをお湯で溶いて冷たくした関西特有の飲み物です。 ホットは冬に体を温めるという原作に沿っているのかショウガの味が強いのが特徴です。とても甘く、甘さに弱い人は苦手かもしれません。しかし軽めの炭酸が甘みをしゅわーと上手く打ち消していくのでおいしく頂けます。 もちろんノンアルコールですし、溶かしたチョコ程甘ったるかったり重たかったりする飲み物ではないので特別甘いものが苦手な人でないと飲みきれないという事はまずないでしょう。

フローズン・バタービールも人気

先ほど上記でアイス、と表現しましたが、しゃくしゃくに凍らせたフローズンバタービールも暖かいバタービールに負けず劣らず大人気! バタービールより色は濁っていますが甘さは控えめ。そしてフローズンなので炭酸は入っていません。甘さよりも冷凍の冷たさが先に来るのでシャリシャリしていて夏場にピッタリのドリンクになっています。

一体どっちがおすすめ?

甘さがガツンと来る暖かいバタービールとフローズン・バタービール。両方飲むには少しお値段が張りますよね。基本的にハリーポッターファンにおすすめなのは通常版のホットバタービール。何といっても原作の雰囲気に浸れるというのが重要です。また、バニラとバターの風味が十分に堪能できるのもホットのバタービールの特徴です。 ここまでバタービールを推してきましたが、もちろん夏の熱い日や甘いのが苦手な人にはフローズン・バタービールも負けていません。冷たいのでのど越しが良く、フルーツ、デザート感覚で食べられるので好みに合わせて選択しましょう。

正しい「バタービール」の飲み方がある!

実はバタービールには正しい飲み方があります。それは上の白いふわふわとした物体がキーポイント。実はコレを口のまわりに付けて口髭のようにするのがバタービールの正しい飲み方。映画の中でも乾杯した後ハーマイオニーが口髭を付けたシーンが印象的でしたよね。それを作ってSNSに上げるのがいまインスタ映えとして好評を博しています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS