ローディング中

Loading...

ビールが好きだけどビール腹が気になって飲むのを控えてる……そのようなアルコールに弱い人のためのビールの代用品がホッピー!シンプルなあじわいで、何かで割ってもとても飲みやすい飲料です。いろいろなホッピーの飲み方をまとめてみました。

ホッピーのおいしい飲み方が知りたい!

1940年代に誕生してから、現在に至るまで変わらず愛されている「ホッピー」。それは、今も昔も変わらない優しいアルコール飲料だからでしょう。

ホッピーといえば、安く楽しめる・アルコール度数が低いといったイメージがありますよね。気軽にビールテイストが味わえると、居酒屋で好んで注文する方も多いでしょう。

ただ、馴染みのない方だと、どうやって飲めば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。何かが入ったジョッキと瓶が出てきて……ここからどうするの?そこで、製造元がおすすめする飲み方や、お好みで楽しめるいろいろな飲み方を紹介します!

そもそもホッピーってなに?

レトロなパッケージが特徴のビールテイスト飲料、「ホッピー」。これ自体をホッピーと呼ぶほかに、焼酎で割ったものをホッピーとして提供しているお店もあります。

ホッピーの歴史は長く、1948年にまでさかのぼります。コクカ飲料株式会社(現・ホッピービバレッジ株式会社)が、当時は高価だったビールの代わりとして販売したのが始まりなのだとか。

「ビールテイスト飲料」とうたっていると、「ノンアルコールビール?」と思われる方も多いかもしれませんが、0.8%程度アルコールが含まれているため、注意が必要です。なんとなく「ホッピー=軽い」といったイメージがありますが、お酒には違いないということを忘れないでくださいね。

ホッピーには5つの種類がある

ホッピーは現在5種類が製造されています。うち二つは、飲食店向けで、一部の酒類小売店・リカーショップなどでも販売されています。

・ホッピー (リターナブルビン360ml)
・黒ホッピー (リターナブルビン360ml)

残り三つは一般向けで、ワンウェイボトルが使用されています。
・ホッピー330 (330ml)
・ホッピーブラック (330ml)
・55ホッピー (ホッピー発売55周年を記念して作られた商品 330ml)

基本的には、通所のホッピーとブラックホッピーの2種類の味となります。

飲み方の基本は「三冷」!

ホッピーのおいしい飲み方の基本は3冷です。ホッピー・焼酎・ジョッキの3つをよく冷やすことがポイント!これは、昭和40年代後半ごろ発明されたと伝えられています。

<作り方>
1. ホッピーと甲類焼酎(25°)をよく冷やし、ジョッキは冷凍庫で凍らせます。
2. 焼酎、ホッピーの順に注ぎます。比率は1:5。泡が立つように勢いよく注いで、かきまわさないのがコツです。

これでアルコール分約5%のホッピーになります。

公式サイトでも書かれているのですが、氷を入れるのはホッピーの風味を損なうのでNGとされています。そのために、ジョッキを凍らすということですね。

ホッピーのハーフ&ハーフも!

ホッピー(またはホッピー330)と黒ホッピー(またはホッピーブラック)を半分ずつ注ぎます。そうするとホッピーハーフ&ハーフのできあがりです。一度味わってしまうと、その味わいにクセになってしまうのだとか。ぜひ試してみてくださいね。

ホッピーの飲み方~居酒屋編~

ホッピーは家庭で飲むのもいいですが、居酒屋ではまた違った醍醐味があります。家庭では三冷が基本ですが、居酒屋では三冷ではなく、ジョッキに氷・焼酎入れてホッピーがビンで提供されることが多いのです。その際、焼酎を「中(なか)」、ホッピーを「外(そと)」と呼びます。

まず最初に中と外の「セット」を注文して、ジョッキに好きな分量だけホッピーを入れて飲みます。この飲み方ですと、最初の1杯ではホッピーが余るので「中」をおかわりして再度楽しむのです。ホッピー1本あたり2~3杯飲むのが一般的ですが、もちろんホッピーだけをそのまま飲むのもOKです。

お店によっては、ホッピーをサーバーで提供しているところもあります。その場合は「ナカ」や「ソト」という注文はできません。また、ホッピーに輪切りのレモンを浮かべるお店や、シャーベット状に凍らせた焼酎を用いるお店もあります。

さらには、焼酎の代わりにジン、ジョニー・ウォーカー(ウィスキー)、泡盛の古酒(クース)などを用いたり、ホッピーをベースにしたカクテルを供するお店もあります。

キンミヤで作るシャリキンホッピーも人気!

ホッピー好きの間で一大ブームとなった「シャリキン」もおすすめ!

まずはキンミヤ焼酎を凍らせてシャーベット状にします。そこへホッピーを注げば、シャリシャリのホッピーができあがり!氷を入れないので時間が経っても薄まらず、冷たいまま飲むことができるので、いつまでもベストな状態で楽しむことができるんです。

また、居酒屋でも「シャリキンホッピー」を提供しているお店がありますよ。

楽しみ方は十人十色!アレンジ3選

ホッピーの楽しみ方は人それぞれです。焼酎で割るのが基本とされていますが、焼酎が苦手な人でしたら、他のお酒で割ってみましょう。ホッピーは何にでも合う魔法の飲料です。これがおいしいと思ったらそれが一番のホッピーアレンジとなるでしょう。ここでは、白ワイン、ジン、コーラで割ったホッピーを紹介します。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

「舞茸」といえば、秋が旬の食材の1つ。今回は舞茸を使ったさまざまなレシピをご紹介します。お肉・魚介類・お米などたくさんの食材と相性抜群!また冷凍保存も可能なので、いつでも食べられます。パスタやスープにご飯もの…

レシピ まとめ

具沢山スープ、ミネストローネ。ファストフード店などでも浸透していて、ちょっと小腹の空いたときなどにも嬉しいスープです。ですが家庭で作る場合、スープなのかおかずなのか…一体どんな献立にしたらいいのか悩みませんか…

スイーツ カフェ まとめ

秋といったら栗スイーツ!モンブランやマロンクリームなど、ほっこり甘い味わいが魅力的ですよね♩今回はパブロやジョエルロブションなど、有名なブランドの商品を7つ集めてみました♩詳しくご紹介するので、ぜひチェックし…

レストラン

予約が取れない人気店のキャンセル情報をリアルタイムでLINEでお知らせ、そのまま予約までできちゃう「ごひいき予約」がサービススタート!詳しい情報をご紹介します♩予約が取れない人気店の予約をとるチャンスをゲット…

レシピ まとめ

バルサミコ酢を使うだけで、一気に本格的なフレンチのようになる!?今回は、バルサミコ酢を使ったソースの簡単レシピのご紹介です。これだけで本格的になるなら、絶対に試すべき!読んだらあなたもすぐに試したくなる、人気…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ スイーツ プリン まとめ

冬になると土鍋を食器棚から出すという人もいるのではないでしょうか?なんと鍋料理以外の場面でも土鍋は活用できるんです。スイーツやパンなどの簡単レシピを紹介します。土鍋がせっかく出ているのに、鍋だけではもったいな…

鶏肉 牛肉 鶏そぼろ じゃがいも まとめ

王道のおかず、彼氏が彼女に作ってもらいたいおかずとしても毎回上位にランクインする肉じゃが。その肉じゃがをマスターしたら次は少し違う○○じゃがを作って彼の胃袋をつかみませんか?豚肉以外の肉じゃがレシピを紹介しま…

レシピ まとめ

なめたけって、そのまま食べても美味しくてお酒のおつまみにもバッチリ♡もちろん色々アレンジしても美味しく食べられますよね♫市販のものにはもう味がついてるから、時短にもなっちゃう!そんな便利ななめたけのおすすめレ…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

レシピ アイスクリーム まとめ

甘酒というと、お正月に飲むものかな、ひな祭りに飲むのは白酒だったっけ...とか恥ずかしながらそんな知識でしたが古来は夏バテ対策に飲むものだったようですね。「飲む点滴」とも言われています。アイスにすると美味とい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ポテトサラダ レシピ

10月10日は「ポテトサラダの日」!今回は、彩り豊かな「ご当地ポテトサラダ」のアイデアをご紹介します。スーパーで買えるポテトサラダを利用すれば簡単に、個性豊かな味わいを楽しめるんですよ!おかずやおつまみにもぴ…

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る