ローディング中

Loading...

ビールが好きだけどビール腹が気になって飲むのを控えてる……そのようなアルコールに弱い人のためのビールの代用品がホッピー!シンプルなあじわいで、何かで割ってもとても飲みやすい飲料です。いろいろなホッピーの飲み方をまとめてみました。

ホッピーのおいしい飲み方が知りたい!

1940年代に誕生してから、現在に至るまで変わらず愛されている「ホッピー」。それは、今も昔も変わらない優しいアルコール飲料だからでしょう。

ホッピーといえば、安く楽しめる・アルコール度数が低いといったイメージがありますよね。気軽にビールテイストが味わえると、居酒屋で好んで注文する方も多いでしょう。

ただ、馴染みのない方だと、どうやって飲めば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。何かが入ったジョッキと瓶が出てきて……ここからどうするの?そこで、製造元がおすすめする飲み方や、お好みで楽しめるいろいろな飲み方を紹介します!

そもそもホッピーってなに?

レトロなパッケージが特徴のビールテイスト飲料、「ホッピー」。これ自体をホッピーと呼ぶほかに、焼酎で割ったものをホッピーとして提供しているお店もあります。

ホッピーの歴史は長く、1948年にまでさかのぼります。コクカ飲料株式会社(現・ホッピービバレッジ株式会社)が、当時は高価だったビールの代わりとして販売したのが始まりなのだとか。

「ビールテイスト飲料」とうたっていると、「ノンアルコールビール?」と思われる方も多いかもしれませんが、0.8%程度アルコールが含まれているため、注意が必要です。なんとなく「ホッピー=軽い」といったイメージがありますが、お酒には違いないということを忘れないでくださいね。

ホッピーには5つの種類がある

ホッピーは現在5種類が製造されています。うち二つは、飲食店向けで、一部の酒類小売店・リカーショップなどでも販売されています。

・ホッピー (リターナブルビン360ml)
・黒ホッピー (リターナブルビン360ml)

残り三つは一般向けで、ワンウェイボトルが使用されています。
・ホッピー330 (330ml)
・ホッピーブラック (330ml)
・55ホッピー (ホッピー発売55周年を記念して作られた商品 330ml)

基本的には、通所のホッピーとブラックホッピーの2種類の味となります。

飲み方の基本は「三冷」!

ホッピーのおいしい飲み方の基本は3冷です。ホッピー・焼酎・ジョッキの3つをよく冷やすことがポイント!これは、昭和40年代後半ごろ発明されたと伝えられています。

<作り方>
1. ホッピーと甲類焼酎(25°)をよく冷やし、ジョッキは冷凍庫で凍らせます。
2. 焼酎、ホッピーの順に注ぎます。比率は1:5。泡が立つように勢いよく注いで、かきまわさないのがコツです。

これでアルコール分約5%のホッピーになります。

公式サイトでも書かれているのですが、氷を入れるのはホッピーの風味を損なうのでNGとされています。そのために、ジョッキを凍らすということですね。

ホッピーのハーフ&ハーフも!

ホッピー(またはホッピー330)と黒ホッピー(またはホッピーブラック)を半分ずつ注ぎます。そうするとホッピーハーフ&ハーフのできあがりです。一度味わってしまうと、その味わいにクセになってしまうのだとか。ぜひ試してみてくださいね。

ホッピーの飲み方~居酒屋編~

ホッピーは家庭で飲むのもいいですが、居酒屋ではまた違った醍醐味があります。家庭では三冷が基本ですが、居酒屋では三冷ではなく、ジョッキに氷・焼酎入れてホッピーがビンで提供されることが多いのです。その際、焼酎を「中(なか)」、ホッピーを「外(そと)」と呼びます。

まず最初に中と外の「セット」を注文して、ジョッキに好きな分量だけホッピーを入れて飲みます。この飲み方ですと、最初の1杯ではホッピーが余るので「中」をおかわりして再度楽しむのです。ホッピー1本あたり2~3杯飲むのが一般的ですが、もちろんホッピーだけをそのまま飲むのもOKです。

お店によっては、ホッピーをサーバーで提供しているところもあります。その場合は「ナカ」や「ソト」という注文はできません。また、ホッピーに輪切りのレモンを浮かべるお店や、シャーベット状に凍らせた焼酎を用いるお店もあります。

さらには、焼酎の代わりにジン、ジョニー・ウォーカー(ウィスキー)、泡盛の古酒(クース)などを用いたり、ホッピーをベースにしたカクテルを供するお店もあります。

キンミヤで作るシャリキンホッピーも人気!

ホッピー好きの間で一大ブームとなった「シャリキン」もおすすめ!

まずはキンミヤ焼酎を凍らせてシャーベット状にします。そこへホッピーを注げば、シャリシャリのホッピーができあがり!氷を入れないので時間が経っても薄まらず、冷たいまま飲むことができるので、いつまでもベストな状態で楽しむことができるんです。

また、居酒屋でも「シャリキンホッピー」を提供しているお店がありますよ。

楽しみ方は十人十色!アレンジ3選

ホッピーの楽しみ方は人それぞれです。焼酎で割るのが基本とされていますが、焼酎が苦手な人でしたら、他のお酒で割ってみましょう。ホッピーは何にでも合う魔法の飲料です。これがおいしいと思ったらそれが一番のホッピーアレンジとなるでしょう。ここでは、白ワイン、ジン、コーラで割ったホッピーを紹介します。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】レストランで頼めば2万円近くする高級ワインが、サイゼではなんと驚異の7000円!?知る人ぞ知るサイゼのワイン通!

実はサイゼリヤは、ワイン好きにはたまらない美味しいワインをリーズナブルに食することができるお店。 店舗によっては常時50種ものワインを揃え、他のレストランの通常価格の半額以上低価格で提供しているとのこと。その…

採れたてフルーツの新鮮な味!「アラン・ミリア」のジュース&ネクターが大好評☆

「ジュースやネクターを通して、採れたてフルーツを味わう悦びを再発見してほしい」。フランス・リヨン郊外で果樹園を営む家に生まれ育ったアラン・ミリア氏がつくるジュース&ネクターに、フランスが誇る美食のひとつとして…

1瓶5,000円!濃密な時を味わえる幻のラグジュアリーヨーグルト「クレマドール」

北海道ノースプレインファームの「オホーツクおこっぺ牛乳」と、厳選された蜂蜜・お砂糖の3つの材料だけで作るヨーグルト。それがクレマドールジャパンの「クレマドール」です。1日たった30~50個の限定販売!そして1…

世界で2番目に消費されている蒸留酒! ブラジル原産「カシャッサ」がじわじわキテる!!

サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」。日本人にはあまりなじみのないお酒ですよね。ブラジルW杯が間近に迫った今、ブラジルで絶大な人気を誇るこのお酒が、徐々に日本でも注目を浴びてきて…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

普通の肉じゃがだけではもうつまらない!肉じゃがアレンジレシピ「7」選

王道のおかず、彼氏が彼女に作ってもらいたいおかずとしても毎回上位にランクインする肉じゃが。その肉じゃがをマスターしたら次は少し違う○○じゃがを作って彼の胃袋をつかみませんか?豚肉以外の肉じゃがレシピを紹介しま…

おいしくて体にもいい!簡単「甘酒アイス」おすすめレシピ6選

甘酒というと、お正月に飲むものかな、ひな祭りに飲むのは白酒だったっけ...とか恥ずかしながらそんな知識でしたが古来は夏バテ対策に飲むものだったようですね。「飲む点滴」とも言われています。アイスにすると美味とい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ふわっふわに感動!京都「六盛茶庭」の絶品スフレを味わおう

2017年1月放送の「嵐にしやがれ」で紹介された、京都の老舗「六盛」にあるスフレ専門カフェ「六盛茶庭」。六盛茶庭で食べられるスフレはふわっふわで、ひと口食べると幸せな気分になれますよ!今回は六盛茶庭の人気スフ…

青山の「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」は世界的に有名ブランドのチョコレート店

青山の「ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)」は、世界的に有名なフランスのチョコレートブランド店です。青山の他にも東京に3店舗、大阪に1店舗あるので、近くに行った時には立ち…

秘密基地のようなカフェ「シュワルツカッツ」のハンバーグは絶品!

東高円寺にあるカフェ「シュワルツカッツ」のハンバーグが美味しいと評判です。カフェには見えないような外観、アンティークのおもちゃや家具に囲まれた店内は、居心地も良くくつろげる空間です。メニューも豊富で、ランチや…

ページTOPに戻る