カクテル「ジンライム」のレシピ&飲み方!ギムレットとの違いは?

ある程度お酒が好きな方にぜひ試してもらいたいカクテル、ジンライム。そもそもジンライムって、どのようなカクテルかご存じでしょうか?ギムレットの違いは?ここでは、ジンライムの基本的な作り方と、おいしい飲み方をご紹介します。

ジンライムの作り方が知りたい!

ジンライムとは、どのようなカクテルかをご存知でしょうか?ジンライムは大人が飲むイメージの強いカクテルかもしれません。 ネーミングの通り、ジンをベースにしたカクテルで味わいはどちらかというと辛口です。

ジンライムとは?

ジンライムは、ジンをベースにライムジュースを加えたものです。オンザロックで飲むのがジンライムの魅力。カットしたライムを添えて、ライムの風味をお好みで調節することができますよ。

ギムレットとの違い

ジンとライムジュースを使ったカクテルには、ジンライムの他にギムレットがあります。このギムレットと、ジンライムの違いをご存知ですか?

具体的な違いはスタイルにあります。ジンライムはオンザロックで飲むカクテルですね。一方、ギムレットは材料をシェイクしたものです。シェーカーで材料をシェイクすることによって、ジンの渋みなどの角が取れます。そのためまろやかな味わいになり、飲みやすさがプラスされるのですね。

材料は同じでも、作るスタイルによって名前が変わるのもカクテルの奥深さです。

度数

ジンライムを飲む際には、ジンに含まれているアルコール度数がそのまま目安になります。ジンライムは40度のジンを使用するケースがほとんどです。

そのため比較的アルコール度数が強いのが特徴。一気飲みをしたり、飲みすぎてしまうことは避けたいカクテルですね。

ジンライムの基本的なレシピ

ジンライムを自分で作る際の基本的なレシピをご紹介しましょう。とても簡単に作ることができますよ。

材料

・ドライジン…大さじ3
・ライムジュース…大さじ1
・カットまたはスライスしたライム…お好み

作り方

ドライジンはオンザロックスタイルで飲むカクテルです。ロック用のグラスに氷を入れ、ここにジンとライムジュースを注ぎ軽く混ぜたら完成です。カットしたライムやスライスしたライムをお好みで添えましょう。

ジンライムの飲み方

ジンライムは大人向けのカクテルです。飲む際にもスマートに飲みたいですね。ジンライムのスマートな飲み方は、どのようなスタイルなのでしょうか?

ライムの使い方

ジンライムを注文すると、くし型のライムが添えてあるケースがほとんどです。このライムはどのように絞ればよいのでしょうか?使い方に悩んだことはありませんか?

くし型のライムはグラスから一度外し、絞ってもいいでしょう。グラスに飾られた状態で、そのまま絞る方法もあります。それぞれのやり方は、以下の通りです。

グラスから外す場合には片手でライムを持ち、もう片方の手で果汁が飛ばないようにカバーしながら絞りましょうグラスに飾ったまま搾る際には、グラスを抑えてライムを半分にたたむようなイメージで絞ります。どちらの方法でも構いませんので、やりやすい方を選びましょう。特に絞り方などは決まっていませんよ。

絞った後はどうする?

搾った後のライムは、どのように扱えばよいのでしょうか?

絞ったライムは、そのままグラスに入れるのもOKです。グラスに入れない場合には、バーテンダーさんに手渡しでも問題ありません。特に失礼にはあたりませんので、どちらの方法でも構いません。

またテーブルに小さな皿や紙ナプキンがあれば、ここに絞ったライムをのせましょう。こちらも絞り方同様に、これといった決まりはありません。お店によって皿を準備しているケースや、そうではないケースなどさまざま。ケースバイケースで扱うのがベストですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう