よりしっかり保存したいなら

よりしっかり保存するなら、密封するのが一番です。そこでパラフィルムというアイテムが活躍します。多くのバーなどでウイスキーやワインの保存に使用されているこのアイテム。フィルムを少し延ばしながらボトルの栓のまわりに巻き付けるだけの簡単に適した保存環境をつくります。

もし長期間保存する必要がある場合には、とても便利です。ボトルの栓にフィルムをしっかり巻くだけなので、家でも簡単にトライできそうですね。

パラフィルムの使い方

▼パラフィルムをアマゾンで購入するにはこちら

ITEM

パラフィルム 2”250Ft

¥3,645 ※2016年10月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

開封したウイスキーの賞味期限はどのくらい?

未開封のウイスキーに賞味期限はありませんが、やはり、一度開封してしまったらどうなるのか、気になりますよね。 開封してしまったウイスキーの賞味期限は開栓後から6~12ヶ月程度。2年、3年しても直射日光に当たるなど、よほどの悪環境でなければ腐ることはありません。しかし、開栓した時から徐々に香りは飛んでいってしまいますので、適した保存環境で保存し、開封後は1年以内に飲む方がおいしく飲めますよ。

ウイスキーをじっくり味わおう

ウイスキーの賞味期限や保存方法、いかがでしたか?長期保存ができるお酒ではありますが、やはり一番おいしい時期があるのですね。毎日飲む人、たまに飲みたくなる人によってさまざまだと思いますが、もしウィスキーを買ったら、適した場所と環境で保存して、ぜひ長くウィスキーをたのしんでくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ