ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

いんげんの下処理のコツとポイント

Photo by 稲吉永恵

最近は、筋を取る手間のかからない改良種が主流のいんげん。筋なしのいんげんであれば、面倒な下処理は不要ですが、筋がある場合は丁寧に下処理をおこないましょう。いんげんの筋は硬いため、筋取りを省くと口に残り食感が悪くなります。とても簡単なので、きれいに取り除いてくださいね。

【筋がある場合】

Photo by 稲吉永恵

いんげんは水で洗ってからキッチンペーパーで拭き、さやの先を上にして持ちます。

Photo by 稲吉永恵

さやの先を指でつまんで折り、筋を繋げたまま引っ張ります。

Photo by 稲吉永恵

へたの部分まで来たら、筋を繋げたまま反対側に折ります。

Photo by 稲吉永恵

そのまま引っ張り、反対側の筋も取ります。

Photo by 稲吉永恵

このようにすると、いんげんの筋が繋がったままきれいに取れますよ。

【筋がない場合】

Photo by 稲吉永恵

いんげんは水で洗ってからキッチンペーパーで拭き、包丁でへたの部分を切ります。

Photo by 稲吉永恵

さやの先が気になる場合は、包丁で切ります。付けたままでも大丈夫です。

下処理のコツ

Photo by 稲吉永恵

いんげんは、ゆでる前に塩をまぶして板ずりをしましょう。表面のうぶ毛が取れ、ゆで上がりが色鮮やかになりますよ。塩で板ずりをしたら、ゆでる際に入れる塩は控えめにしてくださいね。

野菜ソムリエおすすめ!絶品いんげんレシピ厳選7選

下処理を丁寧におこなったいんげんで作ってほしいレシピを、macaroniからご紹介します。野菜ソムリエが厳選した料理は、いんげんのおいしさを堪能できますよ。ぜひトライしてみてくださいね。

1. お弁当にも。いんげんとにんじんのごま和え

Photo by macaroni

調理時間:15分
保存期間:冷蔵で2~3日
材料(2〜3人分)
・さやいんげん……12本
・にんじん……60g
・砂糖……小さじ1/2杯
・しょうゆ……小さじ1/2杯
・めんつゆ(3倍濃縮)……小さじ2杯
・白すりごま……大さじ3杯

出典: macaro-ni.jp

ごま和えは、いんげんの定番メニューですよね。にんじんを合わせると色合いがきれいです。めんつゆを使えば、味が決まりやすいのでおすすめ。ごま以外にも、ピーナッツやクルミで作ってもおいしいですよ。作り置きできるため、お弁当のおかずに最適です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ