調理次第で食感自在!「モロッコインゲン」の人気レシピ10選

今回は「モロッコインゲン」を使用した人気レシピをご紹介します。茹で時間や調理時間によって食感が変化するので、炒め物からサラダまでどの料理にも相性抜群ですよ!栄養豊富な緑黄色野菜なので、ぜひ積極的に摂取したい食材ですね。

「モロッコインゲン」とは?

モロッコインゲンの画像

Photo by Shutterstock

「モロッコインゲン」は普通のインゲンよりも平たい形をしている大きめのインゲンで、平サヤインゲンのことです。インゲンの原産地は中南米。モロッコが原産地という訳でもないのに、どうしてモロッコインゲンと呼ばれるのでしょうか。

モロッコインゲンの名前の由来

地中海地方で栽培されていた平サヤインゲンが、昭和になって日本でも栽培されるようになりました。当時流行っていた「カサブランカ」という映画の舞台が地中海沿岸地方のモロッコだったところから、タキイ種苗会社が、平サヤインゲンを「モロッコインゲン」と商標登録したそうです。

ちなみにこのモロッコインゲンは英語では「Romano Beans」「Italian Flat Beans」と呼ばれています。日本ではモロッコ、海外ではイタリアという国名がついているのがおもしろいですね。

モロッコインゲンの特徴

モロッコインゲンは、丸サヤインゲンに比べ、平たく大きい形のが特徴です。調理するとやわらかく甘みもあり、クセもなく、どんな調理法にも使える便利な野菜です。丸インゲンにあるスジもなく、調理の手間も省けます。

モロッコインゲンは食物繊維、ビタミン、カリウム、カルシウムなどをバランスよく含む栄養のある野菜です。特に食欲が減退する夏場には、積極的に食事に取り入れたいですね。

今回はモロッコインゲンを使ったおすすめレシピを10個ご紹介しますので、参考にしてみてください。

モロッコインゲンの人気レシピ10選

1.モロッコインゲンのショウガじょうゆ

モロッコインゲンはスジを取り、幅1cmほどの斜め切りにしましょう。塩を入れた熱湯にモロッコインゲンを入れ、煮たったら1~2分ゆでてザルに上げ、水気をとります。器に盛り分け、おろしショウガをのせてしょうゆをかけてできあがり。

2.モロッコインゲンとベーコンの炒め物

モロッコインゲンはスジを取り、斜めに切ったら塩を入れた熱湯に入れ、茹でます。フライパンにバターを中火で熱し、ベーコン、水気を切ったモロッコインゲンを加えて、焼き色がつくまで炒めましょう。しょうゆ、塩コショウを入れて絡めるように炒めたら完成。

3.モロッコインゲンとしらたきの炒め煮

フライパンにごま油を入れて中火で熱しモロッコインゲン、したらきを炒め合わせたら赤ピーマンを加えて軽く炒めます。だし汁、酒、みりん、砂糖、薄口しょうゆを加え、煮汁がほぼ無くなるまで煮詰めたら完成です。お好みで一味唐辛子を振りかけてめしあがれ♩

4.モロッコインゲンの天ぷら

ボウル小麦粉、片栗粉、水を入れ、とろみがつくまでよく混ぜます。モロッコインゲンのスジを取り、塩を入れた熱湯で茹でたら、しっかりと水気を切りましょう。モロッコインゲンに衣をくぐらせ、170℃の揚げ油に入れて、軽く色がついたら油を切ってできあがりです。

特集

SPECIAL CONTENTS