インゲンを冷凍保存する方法は?保存期間と活用レシピまとめ!

インゲンを冷凍してしまうと、水っぽくなったりシナシナになったり、上手に冷凍できないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は、冷凍インゲンが水っぽくならない保存方法をご紹介。ちょっと手を加えるだけで、インゲンはおいしく冷凍できます。

インゲンを冷凍するには?

胡麻和えや炒め物にして、おいしいインゲン。みなさんはインゲンの保存はどうしていますか?たくさん買ってきたインゲンは、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存すればインゲンは長持ち。おいしく上手にインゲンを冷凍するにはどうしたらいい?保存方法のコツとポイントをご紹介。冷凍インゲンを活用したレシピもぜひ参考にしてみてくださいね。

下処理後に冷凍

水分が多いインゲンは、そのまま冷凍すると細胞が壊れてしまい、おいしさを損ねてしまいます。長期保存した冷凍したインゲンは臭いが気になったり、色が悪くなったりすることも。

冷凍したインゲンをおいしく食べるには下処理が大切。次に、インゲンの下処理の仕方について説明します!

保存する前の下ごしらえ

インゲンは下処理をしてから冷凍保存がおすすめ。一度に下処理をすることで、調理する度に手間をかけずに済み、時短にもなりますよ。

筋とヘタを取り除く

インゲンをよく洗い、インゲンの筋を除き、ヘタは包丁でカッットします。傷んでいる箇所や変色している部分は取り除きましょう。そのまま保存する場合は、水分をよく拭きとった状態でラップをしてフリーザーバッグなどに入れましょう。

茹でる

水1Lに対して塩小さじ1を入れ、お湯を沸かします。下処理をしたインゲンをお湯に入れ、2~3分程度で茹でます。厚みのあるサイズの大きいインゲンは様子を見て少し長めに茹でましょう。

インゲンが茹で上がったら、冷まして終了。冷ます際は水でさらさないようにすることがポイントです。ザルに上げたインゲンは、うちわなどで仰いで冷ましましょう。
▼下ごしらえについて、もっと詳しく知りたい方はコチラ!

茹でたインゲンを冷凍保存

冷凍方法

茹でたインゲンを冷ましたらキッチンペーパーで水気を除き、ジッパー付きのビニール袋に入れて保存します。一度に使う分ごとに保存すると、使うときに余分に解凍をせずに済みますよ。

保存用の袋にインゲンを入れる際には、重ならないように、なるべく平らにならして入れてください。袋に入れたインゲンは、金属トレイなどの上にのせて冷凍すると急速冷凍ができます。急速冷凍は品質の低下をおさえることができるのでおすすめ。金属トレイがない場合には、アルミ箔で代用してみてくださいね。

保存期間

冷凍したインゲンは、およそ1か月の保存が可能です。凍ったインゲンは、使いたい分だけポキポキと外して使う事ができます。
▼より詳細なインゲンの茹で方をチェック!

茹でずにそのまま冷凍保存

時間が無い時など、手間をかけずに保存するには、そのまま冷凍保存することもできますよ。

冷凍方法

インゲンを洗い、水分をよく拭き取ります。傷がついている部分や、変色している部分は包丁を使って取り除きましょう。

一度に使う分ごごにラップに包み、さらに密閉できるフリーザーバッグなどにいれて保存します。そのまま保存する場合も、インゲンはなるべく平らにならして袋に入れるとよいですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう