ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

いんげんを冷凍するには?

Photo by 稲吉永恵

ごま和えや炒め物にするとおいしい、いんげん。みなさんはいんげんをどのように保存していますか?たくさん手に入ったいんげんは、冷凍保存がおすすめです。

いんげんは、冷凍保存すれば長持ちさせることができますよ。この記事では、上手にいんげんを冷凍する保存方法のコツとポイントをご紹介。冷凍いんげんを活用するレシピもぜひ参考にしてくださいね。

下処理後に冷凍

水分が多いいんげんは、そのまま冷凍すると細胞が壊れてしまい、おいしさが損なわれてしまいます。長期保存した冷凍したいんげんは臭いが気になったり、色が悪くなったりすることも。

冷凍したいんげんをおいしく食べるには下処理が大切。いんげんの下処理の仕方についてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

保存する前の下ごしらえ

筋とヘタを取り除く

Photo by macaroni

ボウルに水をはって、いんげんをきれいに洗ってから水気をペーパータオルで拭きます。いんげんのヘタの先をつまんでゆっくりと引っ張り、両方にある筋を取り除きます。

鍋でゆでる

Photo by macaroni

鍋に水を入れて沸騰させ、塩を加えます。(水1Lに対して塩大さじ1杯程度)いんげんを入れ、1分半〜2分ほどゆでてからザルにあげて冷水に浸して粗熱を取ります。熱が取れたら、キッチンペーパーで水気を拭きます。

ゆでたいんげんを冷凍保存

冷凍方法

ゆでたいんげんを冷ましたら、キッチンペーパーで水気を除き、フリーザーバッグに入れて保存します。一度に使う分ごとに保存すると、使うときに余分に解凍をせずに済みますよ。

フリーザーバッグにいんげんを入れる際には、重ならないように、なるべく平らにならして入れてください。フリーザーバッグに入れたいんげんは、金属トレイにのせて冷凍すると急速冷凍ができます。急速冷凍は品質の低下をおさえることができるのでおすすめ。金属トレイがない場合には、アルミホイルで代用してみてくださいね。

編集部のおすすめ