保存期間

冷凍したいんげんは、およそ1ヶ月の保存が可能です。凍ったいんげんは、使いたい分だけポキポキと外して使うことができます。

生のいんげんをそのまま冷凍保存

時間がないときや手間をかけずに保存したいときは、生のまま冷凍保存することもできますよ。

冷凍方法

いんげんを洗い、水分をよく拭き取ります。傷がついている部分や、変色している部分は包丁を使って取り除きましょう。

一度に使う分ごとにラップに包み、さらに密閉できるフリーザーバッグに入れて保存します。そのまま保存する場合も冷凍保存と同じく、いんげんはなるべく平らにならして袋に入れるとよいですよ。

保存期間

そのまま保存した場合の保存期間も約1ヶ月。ゆでたいんげんと同じように、金属トレイで冷凍すると食感を損なわず保存できます。

冷凍いんげんの解凍方法

いんげんを解凍する際は、電子レンジで加熱したり、常温において解凍したりするのはやめましょう。完全に解凍すると、いんげんの水分が溶け出し、シナシナになってしまいます。

凍ったいんげんは、解凍せずそのまま料理に使いましょう。サラダや和え物を作る際、いんげんの食感を極力損なわずに解凍するには、沸騰したお湯にサッとくぐらせるのもおすすめです。

冷凍いんげんの活用レシピ5選

1. めんつゆで簡単。いんげんとにんじんのごま和え

Photo by macaroni

いんげんの定番レシピであるごま和え。めんつゆを使うと、手早く作れて間違いないおいしさに仕上がります。にんじんを合わせると色合いが美しく、食卓が華やかになりますね。作り置きしておけば、副菜やお弁当に大活躍します。

編集部のおすすめ