ローディング中

Loading...

様々なメニューに使用することも多い、いんげん、みなさんは、いんげんの上手な下ごしらえの方法ってご存知ですか?下ごしらえをしっかりと行うと、食感がよくなり、さらにおいしくいただけるんですよ。おすすめレシピも併せてご紹介します。

いんげんは下ごしらえがポイント

いんげんは胡麻和えとして食べたり、その他にも煮物の彩りに使用することの多かったりする野菜です。可能な限りいんげんのシャキシャキとした食感を残すためには、下ごしらえをすることが大切になります。

煮物などに入れた際には柔らかくしたい場合もありますが、サラダや胡麻和えなどは歯ごたえを残したいですよね。そのような際に役立つ、いんげんの正しい下ごしらえの方法をご紹介します。

いんげんの下ごしらえの方法

見た目に美しいだけではなく、食べた際にもシャキシャキとしっかりした歯ごたえを残すためには、いんげんを実際に調理する前の下ごしらえが大切です。具体的な手順についてご紹介していきます。

手順

1. まずは、いんげんをきれいに洗っておきましょう。
2. いんげんをひとまとめにして片方の高さを揃え、ヘタの部分をしっかりと切り落とします。
3. 食べやすい大きさにカットしてください。
4. 小さじ一杯の塩を鍋に入れ、お湯を沸かして沸騰させます。
5. お湯が沸騰したらここに、いんげんを入れて1分から1分半程度茹でてください。
6. いんげんをザルに上げ、流水で軽く粗熱をとりましょう。

いんげんは電子レンジで茹でることも可能

いんげんの加熱には、お鍋で茹でる以外に電子レンジを使う方法があります。電子レンジでいんげんの加熱をする際には以下の方法で行ってください。

1. きれいに洗ったいんげんは塩を使って板ずりする。その後、さっと水で流しておく。
2. タッパ容器を使用する場合にはいんげんを入れた後、ヒタヒタになる程度のお水を加える。
3. 電子レンジは600Wの場合、およそ2分ほど加熱する。
4. 粗熱が取れたらザルやキッチンペーパーに取り出して水気を切っておく。

上記が基本的な電子レンジによる、いんげんの茹で方です。ただしシリコンスチーマーやジップロックなどを使用する際には、少し方法が違います。シリコンスチーマーやジップロックの場合、水分をプラスしなくても水で洗った水分が残っていれば十分です。

茹でる場合であっても、電子レンジを使用する場合であっても、お好みの茹で加減に合わせて時間の調節をしましょう。特に電子レンジの場合には、電子レンジの機能によって同じ時間でもインゲンの硬さに多少の違いが出ます。ご家庭の電子レンジでのベストな時間を探ってみてくださいね。

すじを上手に取る方法

いんげんには「すじ」の部分があり、すじが残っていると食感が悪くなります。口の中でいんげんのすじが引っかかるような感覚を引き起こすため、綺麗にすじをとりましょう。

ヘタを取り除く際に、綺麗にすじの部分が折れれば食感も柔らかいため、そのまま食べて問題ありません。ただし、赤ちゃんの離乳食に使用する際や、すじの食感が苦手な方は筋を取る方が良いでしょう。

いんげんはカーブをしていることが多く、ヘタの部分と先端の部分からすじを取っていくことになります。基本的にはいんげんの先端(細長く尻尾のようになっている側)の部分が上を向くような状態でいんげんを持ち、3ミリから5ミリ程度を内側にポキッと折ってください

すると糸のようにすじが姿を現すので、そのまま反対側の端までゆっくりと引っ張っていきます。片側のすじを取り終わった後は、いんげんそのものを反対の向きに変えて同じようにヘタの部分からすじを取り除きましょう。

下ごしらえのポイント

いんげんの下ごしらえをする際には、上記の通り、1分半から2分ほど茹でるのが適切な方法です。ある程度茹でたら、まずはいんげんを1本食べてみましょう。その際、完全に柔らかいという状態ではなく、少々硬さが残っている状態がベストです。

余熱で若干柔らかくなりますので、完全に柔らかい状態まで茹でてしまうと食卓に並ぶ頃にはフニャフニャに。こうなってしまわないよう気を付けてくださいね。

下ごしらえした、いんげんの保存方法

いんげんは生の状態であってもさほど長持ちする野菜ではありません。いんげんは常温保存をするのではなく、冷蔵庫の野菜室で保存をするのが温度的にもベストなお野菜です。

ただし冷蔵庫ではあまり長持ちしません。さらに、いんげんは下ごしらえをすることによって、生の状態よりも乾燥に弱くなってしまうのです。そのため下ごしらえしたいんげんをすぐに使わない場合、冷凍保存しておくことがおすすめ。冷凍保存をする際の方法は以下でご紹介していきましょう。

冷凍保存の仕方

下ごしらえしたいんげんを冷凍保存する場合は、いんげんの表面に残った水気をしっかりとふき取ってください。キッチンペーパーなどで1本ずつ丁寧に拭き取りましょう。その後フリーザーバックに入れて冷凍保存をします。この際、できれば急速冷凍をしましょう。

急速冷凍の機能がなければ金属トレーの上、またはアルミホイルを2重から3重に折り、この上にフリーザーバッグを乗せて冷凍してください。

保存期間

いんげんは冷蔵庫で保存する場合、野菜室で3日から5日が保存期間となります。下ごしらえをしたいんげんを冷凍保存する場合には1ヶ月前後が保存期間です。

解凍の仕方

冷凍保存をしたいんげんを使用する際には、自然解凍をすることが可能です。使用する前日、もしくは半日ほど前に冷蔵庫へと移し、自然解凍をしてください。また、時間がないときには、水にさらして解凍するという方法もあります。

スープに使用する場合などは特に解凍せず、そのまま鍋の中に投入しても問題ありません。長時間にわたって解凍したまま放置してしまうと食感が悪くなりますので、半解凍の状態で調理に使った方が食感を残すことができます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「とどのつまり」って良い意味?悪い意味?とどの語源は意外なアレ!

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

京都にまつわる「ぶぶ漬け」の噂って本当?語源と意外な真相とは

京都

ぶぶ漬けとは何かをご存知ですか?京都が発祥といわれているお茶漬けですが、どのような食べ物なのでしょうか?現地ではぶぶ漬けのおいしいお店が人気なのだとか。ここではぶぶ漬けの発祥と、意味についてをご紹介していきま…

ほっこり「ほうれん草の味噌汁」のレシピ。どんな具材と合わせる?

レシピ ほうれん草

さまざまな料理に使われる野菜「ほうれん草」。味噌汁に入れると、手軽に食べられますよ。今回はほうれん草の味噌汁のレシピと、おすすめの具材の組み合わせをご紹介。ほうれん草の味噌汁レパートリーを、この機会に増やしま…

主食にもなる!里芋・ヤムイモに似ている「タロイモ」って?

レシピ

タロイモという食材をご存知でしょうか?タロイモとは里芋にも似ていると言われています。日本ではなく海外で和食になることもあるのだとか。ここではヤムイモ、里芋などに似たタロイモについて詳しくご紹介していきましょう…

トロトロ甘〜い「白菜の味噌汁」の人気レシピ。具の選び方も教えます

レシピ 白菜 和食

鍋物などの煮込み料理に活躍する「白菜」ですが、味噌汁に入れるのもおすすめなんです。今回は、白菜が主役の味噌汁レシピを厳選してご紹介。白菜とよく合う具材や、味噌を選ぶ際のポイントもお教えします。白菜の味噌汁で、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【自己アピール欲が異常】余計な動作が多すぎるシェフ5選【動画】

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

こんなに違うの!? 世界のお正月料理まとめ

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

冷凍&解凍法も!コストコ「ディナーロール」のアレンジレシピまとめ

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

夏バテで食欲がないときに☆胃に優しい食べ物のまとめ

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭菜園好きさん必見!さつまいもの収穫時期って本当はいつなの?

さつまいも レシピ

秋といえば、ホクホクとした甘さが特徴の「さつまいも」。さつまいもは収穫の時期がイマイチわかりづらいのですが、実はタイミングがあるんですよ。今回はそんな「さつまいも」の収穫時期について、また関東でさつまいも掘り…

スーパーや通販でGET!食感楽しい「ぶぶあられ」のレシピ

ふりかけ

みなさんは「ぶぶあられ」を聞いたことはありますか。ぶぶあられとはお茶漬けなどに使われているあられで、5色カラーが華やかな商品もあります。今回は、ぶぶあられを使ったレシピや通販サイトを含め、ぶぶあられについてま…

余っても大丈夫!生クリームを冷凍保存するときのポイントと解凍法

レシピ スイーツ

すぐに傷んでしまうイメージがある生クリームですが、実は冷凍保存できることをご存知でしょうか?今回は、生クリームの正しい冷凍方法や、冷凍保存するメリット、さらには解凍した生クリームを使ったおいしいレシピなどを紹…

ページTOPに戻る