ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ベーコンは冷凍できる?

料理の旨味をぐっと引き立ててくれる万能食材、ベーコン。常備しているご家庭も多いと思いますが、気が付くと賞味期限が大幅に過ぎて、冷蔵庫の中で腐り始めていた……なんて経験はありませんか?

比較的賞味期限が長いイメージのあるベーコンですが、なかには思いのほか短いものも。そんな時には冷凍保存を活用しましょう。きちんと保存すれば、おいしい状態のまま長めに保存ができ、いざという時にとても役立ちますよ!本記事では、ベーコンの冷凍保存や解凍方法のコツをご紹介します。

保存期間の目安は?

パッケージに記載されている賞味期限を目安にしていただくのはもちろんなのですが、保存方法別の一般的な目安も気になるところですよね。保存方法や、未開封/開封済みによって目安となる保存期間が異なりますので、ひとつずつ見ていきましょう。

冷蔵保存の場合

ベーコンの種類や塩分、薫製の塩梅によっても違いますが、スーパーやコンビニで販売されているようなパック詰めされた一般的なベーコンは、未開封であれば約10日〜3週間の保存が可能です。 封が開いて空気に触れてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、開封後は約2〜3日が目安です。封を開けたものの、使い切れずに残ったベーコンはラップに包むか、フリーザーバックに入れて、できる限り密封して冷蔵庫で保存してください。

冷凍保存の場合

冷凍保存をすれば、永久に保存できるというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは間違いです!多くの家庭用冷凍庫は-18℃以下に設定されていますが、この温度は食中毒や腐敗の原因になる菌類や微生物が活動できない温度というだけで、死滅はしません。そのため、冷凍保存にも期限はあるのです。

ベーコンを冷凍保存した場合は約1〜2ヶ月が目安です。これ以上長く保存しておくと、冷凍やけして風味や食感が損なわれます。

ブロックベーコンの冷凍の仕方

まずは、ブロックベーコンの冷凍方法をご紹介します。丸ごと冷凍せずに、一度に使い切れるサイズに子分けにすることがポイントです。

1. ベーコンステーキにするなら1センチ幅のスライス切り、ポトフなどのスープ料理に使用するなら、スライス切りをさらに半分にカット、チャーハンやパスタの具材に使うならサイコロ状にするなど料理に合わせてカットします。

2. 一度に使い切れる量をラップで包んで、フリーザーバッグに入れて平らにならし冷凍します。

サイズが大きい場合は、なかなか冷凍できないため、金属製のトレイの上に置いて保存することで、急速冷凍となります。普通に冷凍するよりも風味が保たれますのでおすすめですよ。
また、ラップで小分けにして冷凍すれば、解凍時に使いやすいので便利です。

解凍方法(冷蔵解凍/ 氷水解凍)

冷凍した食品を解凍した際に、水分がベチャっと出てしまった経験はありませんか?これは冷凍時に食品細胞の一部の水分が凍り、解凍時に流れでてしまうために起こる現象です。この水分は”ドリップ”と呼ばれていて、旨味や栄養分も含んでいるため、できる限りドリップを出さないように解凍するのがベストと言われています。 解凍方法としては、1〜5℃の温度を保ちながら解凍できる「冷蔵解凍」「氷水解凍」の2つをご紹介します。
【冷蔵解凍】
冷蔵解凍は食品を低温に保ちながらゆっくりと解凍するので、ドリップが流れにくく、おいしい状態を保ちながら解凍してくれます。ブロックベーコンやサイコロ状のベーコンは解凍に多少時間がかかりますので、調理する半日から一日前に冷蔵庫に移してください。
【氷水解凍】
その名の通り、氷水につけて解凍する方法です。食品に水が触れないようにフリーザーバックなどに入れた密封状態で氷水につけます。袋に穴が空いていないか注意してくださいね。

水は空気より熱伝導率が良いので、冷蔵庫で解凍するより解凍時間を短縮することができます。時間がないときにオススメの解凍方法です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ