ローディング中

Loading...

グアンチャーレという食材をご存じですか。イタリア料理には欠かせないグアンチャーレ。見た目はパンチェッタなどのベーコン類と似ているけれど、何が違うの?作り方は?などの疑問に答えながら、お手軽かんたんレシピをご紹介していきます!

イタリア料理に欠かせないグアンチャーレ

皆さんはイタリア料理に欠かせない食材と聞くと、何を思い浮かべますか。おそらく大半の方がトマトやオリーブオイルを答えるのではないでしょうか。

今では日本でもイタリア料理を食べられるお店はたくさんあり、家庭で再現する際も、フランス料理と比べると作りやすいイタリア料理。そんななか、本場イタリアでは欠かせない食材のひとつ、グアンチャーレをご存じですか。

今回は、まだあまり馴染みのない食材「グアンチャーレ」の作り方やおすすめレシピをご紹介します。

グアンチャーレとは?

「グアンチャーレ」という食材を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?まだまだ日本では馴染みがなく、よほどイタリア料理に詳しい方か、そういった仕事に従事している方でなければ知らないグアンチャーレですが、どうやらこれがかなりおいしいらしいのです。

グアンチャーレとは、豚ほほ肉(トントロ部位)を塩漬・熟成させたパンチェッタのようなもので、カルボナーラやアマトリチャーナといったパスタ料理に欠かせない材料のひとつとされています。

本場イタリアのカルボナーラには本来パンチェッタではなく、グアンチャーレを使います。
通常、グアンチャーレはブラックペッパーまたはレッドペッパーで風味をつけてあり、そのままでも十分おいしくいただけるそうです。なかにはハーブがつけてあるものもあり、ワインとともにその風味を味わう人も多いのだそうですよ。

パンチェッタとの違いは?

パンチェッタは、イタリア式の燻製していない少し塩辛い生ベーコンのことを言います。イタリア料理には欠かせない材料のひとつで、パスタやピザなど様々な料理に使用されています。

日本国内では、イタリア製のパンチェッタは手軽にいつも入手できるとは限らず、また、入手できたとしても非常に高価だそうです。また、衛生面といった観点でも、日本国内で手に入るパンチェッタはたいてい燻製してある場合が多いようです。

では、パンチェッタとグアンチャーレの違いはいったい何なのでしょうか。分かりやすく言うと、これらの違いは使われている豚肉の部位です。

グアンチャーレには豚ほほ肉が使われており、パンチェッタには豚バラ肉が使われるのが一般的なのだそうです。グアンチャーレ特有のコクと香り、脂の甘みは、日本でよくカルボナーラをはじめとするパスタやピザに使われる身近なベーコンとは一線を画するものがあるといわれています。

グアンチャーレはパンチェッタよりも脂身が多く、さらに濃厚なコクと風味があります。パスタやピザのトッピングとして使用するのも良いですが、まずはグアンチャーレ単体でその芳醇な香りと風味を楽しみたいですね。イタリア料理に欠かせないワインとの相性も良さそうです。

グアンチャーレの作り方

グアンチャーレの特徴やパンチェッタとの違いについてご紹介しました。まだまだ日本で既製品のグアンチャーレを手に入れることができるお店は限られていますが、原材料が豚ほほ肉と聞くと、自宅でできるのではないかと思ってしまいますよね。そこで、次に自宅でできる一般的なグアンチャーレの作り方をご紹介したいと思います。特別な設備や材料は必要ありませんので、ぜひ気軽にチャレンジしてみましょう。

材料

・豚ほほ肉
・塩
・ハーブ(お好みで)

作り方

材料はいたってシンプルですが、完成するまでに少し時間を要するそうです。

1. まず、豚ほほ肉に塩をねりこみ、冷蔵庫で1日ほど寝かせてます。

2. 一晩経ったらもう一度塩をねりこみ、黒コショウもやお好みのハーブを入れ、保存袋に入れて1週間ほど冷蔵庫で保存します。

3. 1週間後に塩抜きをするため、水洗いをし、1時間に一度お水を取り替える作業を3回ほどくりかえします。

4. タコ糸などで肉を縛り、風通しがよいところで1週間ほど干して、乾燥させればできあがりです。乾燥がすすむと脂が浮き出てくるので、これも干し上がりの目安になりそうですね。

保存方法

できあがってからの保存は、冷蔵庫で行います。すぐに使い切れないという場合は、食べやすい大きさにあらかじめカットし、ラップに包んで冷凍庫で保管も可能ですよ。

グアンチャーレはどうやって食べるの?

カルボナーラなどのパスタに入れて食べることで有名なグアンチャーレですが、実は煮込み料理にも適しているのです!野菜と煮込むとグアンチャーレの脂と塩気が程よく染み出し、野菜の甘みや旨みも合わさっておいしくいただけるそうですよ。

パスタのみならず、ピザやスープなどにもおおいに活躍してくれるグアンチャーレ。ピザは、濃厚な味わいになりそうでおいしそうですね。

いつものパスタやピザが、グアンチャーレを取り入れることによって、一気にオシャレな本格イタリアンに大変身しそうです。

グアンチャーレのレシピ3選

せっかく自身で時間をかけて作ったり、購入したグアンチャーレ。できることであれば、お店顔負けのおいしい料理として活用したいものですよね。そこで、次にグアンチャーレを使用したおすすめレシピをご紹介します。

チューボーですよ!カルボナーラ

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

美味い!オシャレ!ヘルシー!3拍子揃ったお豆腐ディップ簡単レシピ『5』選

オシャレな食べ物の代表ともいえるディップ。パスタソースに始め、料理に使ってもよし、野菜スティックやクラッカーにつけてもよしのディップですが、お豆腐のディップならお家で簡単に出来ちゃいます。しかもヘルシーで美味…

一度食べればやみつきに!?納豆を使った揚げ物のレシピまとめ

納豆は混ぜてそのまま食べるだけじゃない!納豆を使った揚げ物がなかなかイケるようです。普通に食べるよりも外はサクサク、中はふっくらになるとか!一度揚げたらやみつきになるかも!?皆さんもぜひ作ってみて下さい♪

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

サンドイッチの新定番!オムレツサンドのアレンジレシピ「4」選

オムレツを挟んだサンドイッチ、オムレツサンドを知っていますか?たまごサンドとは違う、ふわトロ感が嬉しいオムレツサンド。ここでは、そんなオムレツサンドの基本の作り方と、美味しいアレンジレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ワイン初心者におすすめ!フルーツたっぷりサングリアレシピ28選

サングリアは、フルーツたっぷりの華やかなワインを使ったドリンクです。王道の赤ワイン、ライトな白ワイン、ノンアルコールタイプまでとても簡単なレシピをご紹介します。アルコール度数が高く飲めないという方も、初心者の…

クリチでやみつき♩はちみつ漬けで簡単「レモントースト」のさわやかレシピ!

夏も残り少なくなってきました。暑さで食欲がない…そんなときにおすすめなのが、レモンの酸味がさわやかなレモントーストです。簡単な作り方や、写真映えする涼し気な見た目がSNSでも話題になっています。今回は詳しい作…

煮物だけじゃない里芋レシピ25選!副菜もメインもおまかせ♩

里芋といえば、煮物というイメージがかなり強い食材ですよね。ところが、意外といろんなお料理に活用できる万能な食材でした!今回は前菜からメインまで幅広く作れる人気の簡単レシピをご紹介します。これを見れば、里芋に対…

ページTOPに戻る